■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・プチ・ガーデニング

もう10月なんだけど朝顔活けてみた

10月6日2014年

昨日は、急に気温が下がり、この冬初めてヒーターが入った。長袖のTシャツにコットンのショートジャケットにシルクの薄いスカーフででかけた私は、夕方寒かったよ。そんなニューヨークだけど、うちの外の階段の手すりに絡んでる朝顔は、まだまだ毎日10数個咲くのです。

朝顔って、茎が細くてひょろひょろだから、活け花とかにしてるのは見るけど、弱くて切り花にするのは可哀想な気がしてたんだけど、この夏、初めてやってみたら、花も外の朝顔同様にもつし、つぼみが数日後に咲くし、水揚げもよく、ずっと青々としていて、挙げ句は種までなる勢い。外見で判断してはいけないのね(笑)

昨日、ブランチのためのバジルを摘んだついでに手折り、渋い色だけど、金入りの和の器に活けてみた。うちにある一番小さい剣山だけど、茎が細すぎて刺せないから、先週フードコープでもらって活けてたアマランサス・グローブ(千日紅)の茎を切って、隙間を埋めた。

着物の世界で粋と言われる季節の先取り。まぁ、それはそれ、これはこれ。先取りどころか旬の花でもなく、10月の朝顔なんて興冷めなのかもしれないけど、だって咲いているんだもの(笑) だんだん咲く花が小さくなってきてるんだけど、そろそろ種取りしたいんだけど、それでも毎朝、おお〜、まだ咲いてるよ〜、きれいだね〜、いってらっしゃいの舞台を飾る。

秋の日射しがカーテン越しに入る食卓を明るくしてくれた。

「今をいとおしむ」で、いいよ。花は花。それでいい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< 納豆菌スターターから自家製納豆の作り方 生卵禁止的アメリカで卵の生食はありかなしかを検証〜Vol. 8 >>