フランス

*フランス旅行最終日 [day09-10:パリ]

投稿日:2005-06-24 更新日:

パリのオムレツ

フランスに行ったら、オムレツ!!!これは私の旅行の時のささやかな願いだった。こんな簡単なことが、過酷な食いっぱしりの旅だったため、最後の最後、もう、シャルル・ド・ゴール空港にむかう列車に乗る寸前までかなわなかった。これが10日間の旅行中、たった一回食べたオムレツ。


ニューヨークでもアメリカンなカフェでオムレツを注文すると、まずは百発百中、表面に少し焦げさえ入ったウェルダン(笑)なオムレツになる。生で卵を食べる習慣がないアメリカ人は、中からとろっと黄身が流れるようなのは、好まない人がほとんどだからだ。料理学校で卵料理の授業があった時、「卵は気持ち悪いかもしれないけど、実は、生が一番オメガ3がいっぱいで、いい」って先生が言った時、もう、クラスで私以外は全員「おえー!」って(笑)だから、映画『ロッキー』でシルベスター・スタローンが生卵を飲むシーンは、「それほどまでにして努力している」ということが伝わるのだ。確か、生卵飲み代で、ギャラが上乗せされたとかされないとか??

オメガ3は、DHA、EPA,α―リノレイン酸の総称で、血液をさらさらにして心臓病のリスクを下げるので、健康に留意した食生活の中で大事な要素。イワシやサーモンにたくさん入ってるんだけど、サーモンはまだしも、イワシとか青魚をあんまり食べないアメリカ人やベジタリアンの人はサプリメントやフラックスシードオイルで摂取する人が多い。

でですね、そういう理由じゃなくて、単純に外に焦げ目がまったくなくて、全面きれ~なクリーム色で、中はふわふわで、黄身は流れ出てはこないんだけど、もう、やっと火が通ったくらいのオムレツ、フォークの背で「ねえ、オムレツさん♪」って押すと、ぷるるるんって全身がゆれるようなオムレツが、フランスなら食べられるものだと信じて注文し、出てきたのがこれ。

にこにこしてギャルソンが運んできてくれたんで、「メルシーボクー♪」ってスマイルをふりまいたものの、彼がいなくなったのを見計らって、「Yちゃん!何これ?アメリカのと一緒だよ!!おフランスなのに!パリなのに!!最初で最後のオムレツなのにーっ!」と涙ながらに訴える私。

「うーん、そうですね。全然ダメですね、これ。でも、こんなもんかも。私が働いてたビストロのオムレツはうまかったなぁ。」とクールな彼女。

そして、何、このオムレツについてくるのは、レタス1枚、トマト一切れなの?ニューヨークだとこの値段(確か8ドルくらいだった)にこのルックスのオムレツだったら、オムレツの中に具が入ってて、ソーセージとポテトとコーヒー付き、ヘタしたら小さいコップだけどオレンジジュースだってついてきそうな勢いだよ。くすん。

と、文句いっぱいだったんですが、

最後の一杯、パリのカフェ

カフェ~はばっちりおいしかったし、旅行楽しかったし、パリのカフェで、歩道に出されたテーブルで朝ごはんなんて素敵なシチュエーションだったので、実は結構幸せでした。食事って、味を批評しつつ食べる部分もあるけど、もう一人のプライベートな自分は、気分で食べているのよね。

いや、ほんと。カフェ=エスプレッソはどこでもおいしかった。いいエスプレッソは、上の泡(クレマ)が厚くて、スプーンにすくった砂糖をそっとのせたら、しばらく砂糖が浮かばなきゃいけない。私はブラックで飲むので実験しなかったけど、どこでも合格間違いなしなエスプレッソだった。マシンもいいんだろうけど、入れる人が熟練してるんだろうな。ニューヨークは、エスプレッソ、当たりはずれがある。クレマまったくないようなのもあるもん。(『やっぱり美味しいものが好き』のフードライターは、クレマがないようなのは、突き返して問題ないって言い切ってはりました)おうちでこんなのが飲めたらいいなぁ。エスプレッソマシン、欲しいよー。

インド航空
このカフェ、北駅のすぐ前だったので、朝食をすませた後は空港へ。予定通り出発1時間半前には余裕で着いてたんだけど、チェックインカウンターに並んでいても列が全く動かない。30分くらい並んでから、「なんか、おかしくない?」と気付いた私達。聞くと、飛行機が遅れてるってことがわかった。日本だと、きっと貼り紙とかされて、でかでかと告知されてるよね。アメリカだって、アナウンスとかあるだろう。

なのに、聞くまで何も知らされず、ロビーのモニターには、「on schedule(予定通り)」って出てたよ。その「予定通り」ってのは、5時間遅れというのが判明してから1時間以上たっても更新されてなかったし。質問して初めて、別のフライトへ割り振りリストに入れてもらったけど、申し出たのが遅かったので、私達は3時間後にアメリカ航空のニューヨーク行きに押し込まれた。リストに名前が載った最初の7割くらいの人々はもっと早く出発したエール・フランス。そっちの方がよかったなぁ。フランス気分なままJFKまで行けて。Yちゃんは、マイレージがついてホクホクだったけど。

これで、私のブログ番外編フランス旅行記はおしまい。最後は、珍道中のフィナーレにふさわしかった!(笑)また行きたい!

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-フランス

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.