スイーツ、お菓子、デザート

スパゲッティどら焼きマフィン

投稿日:2005-10-17 更新日:

16spagettimuffincloseup.jpg

昨日おやつに焼いて、今朝も食べたマフィン、中身はあんこ。朝からあんこ入り(笑)でも、朝ごはんにあんパンありだよね。??ありということにしておきます。


で、これは、マフィン生地(牛乳と一緒に泡立てた全卵、全粒薄力粉、ベーキングパウダーとベーキングソーダ、砂糖、バニラエッセンス)を、ココナッツオイルを塗ったマフィン型に流し込んで、手作りあんこをスプーンですくって落とし、ローストしたスパゲッティ・スクアッシュをほぐしたものをのせて、ちょっとグラニュー糖をまぶして焼いたもの。

上にちょびっとモンブラン風にのっかってるの、スクアッシュなのです。私が千切りにしたり、おろし金でこんな風に仕立て上げたり、絞り出したりしたわけではなく、オーブンで焼いてほぐしただけなの。スパゲッティー・スクアッシュっていう種類のカボチャ。

夜、あ、おかずが足りない・・・って状況に、予定外で使っちゃったので、写真撮ってない。外見は、spaghetti squash でグーグルでイメージ検索してください。小さい楕円のスイカ大で黄色い皮で、皮は固いので、さすがのよっちゃんも食べなかった。

何度か食べたことあるんで、こんな風にスパゲティーみたいなカボチャっていうのは知ってたんだけど、あれって、種の周りの繊維なのかなと思っていた。身、全部スパゲティーみたいなのね。細かくいうと、スパゲティーよりも細めなので、スパゲティーニ?縦まっぷたつにして切り口をふせてオーブン焼きすること40分くらい。身は皮からすぐはずれ、フォークで簡単にほぐれてスパゲティみたいになる。

なんとも楽しいカボチャだ!楽しいので、もっと食べよう。そして、今度は、いかにスパゲッティみたいかっていうのがわかりやすい写真を撮りたいと思います。

で、中のあんこ、小豆から、砂糖なしで作りました。

16anko2.jpg

丸一日水に浸けた小豆を浸けた水ごと茹でて、柔らかくなってきたところでドライド・デイツ(干しナツメヤシの実)を入れて煮詰めて潰した。デイツえらい。砂糖なしであんこできた!デイツの味も小豆とよくあうし、白砂糖より甘さが控え目というか、あの「あまっ!」って針が一瞬に振れきって終わる後を引かない単純な味じゃなくて、ゆっくり味わえる落ち着いた甘さ。これはなかなかよかった。白砂糖との違いは、艶が出ないことだけど、そんなの、おうち料理だし、いいのだ。デビュー戦にして即、我が家の定番殿堂入り決定!

すんごい忙しいんですが、今日を逃すと、ファーマーズマーケットでハロウィン用のパンプキンが買えないので、ちょっくら行って来ます!

デーツって何?という方は、「ドライ・デーツとクルミのベーコン巻き」をお読み下さい。

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-スイーツ、お菓子、デザート

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.