スイーツ、お菓子、デザート パーティー、イベント料理

Merry バナナ棒パイ☆ラム酒味

投稿日:2005-12-07 更新日:

Merry バナナ!

バナナもクリスマス気分になりたいだろうと思ってさ。ブッシュド・ノエルとか、木みたいになったら、「ぽい」かなぁと。でも、まだクリスマス感が不足してたので、記念撮影をサンタクロースと一緒に撮りました。土に刺して使うと思われるガーデニング用のお飾りでございます。姉が送ってきてくれた。「お姉ちゃん、見てるー?」と、手をふってみる(笑)


Phyllo dough フィロ・ドウ (Whole Foods Marketで売ってます。バクラバとか、ギリシャ、トルコ、インドのデザートに使われています) という冷凍パイシートで作ったので、これは超簡単スイーツ。普通のパイ生地との違いは、一枚一枚がばらばらの極薄小麦粉シートな点。油分がないので、溶かしバターを塗って使う。私はココナッツオイルを使った。トーストをバターで食べたいとか、パテを作るとか、どうしてもバターじゃなきゃイヤン!という時以外、私は未精製のココナッツオイルを使う。とてもお肌にもよろしいんですのよ。

パイ皮の中身はバナナ1本。それだけ(笑)途中、オーブンから出して、ラム酒とメイプルシロップを溶いた液をかけスライス・アーモンドをのっけて、溶かしココナッツオイルをちょっとふりかけて、常備している秘密のよっちゃんシュガーをふりかけて、再び焼き上げてできあがり。

ダーリンと1本ずつ、フルーツ&ブランデーのソースで食べた。できたてはねー、バナナが熱々とろとろで、ラム酒の風味いっぱいでたまりません!私のは写真撮ってて、ちょっと冷めちゃった・・・T-T

06merrybanana.jpg

こんな感じ。本日のフード写真2点目。ちょっとかしこまったバージョン。フィロは、ぱさぱさした感じがすごく強いので、具の比率多目で、ねっとりバナナや、ソースと一緒に食べると美味しいです♪


●秘密のよっちゃんシュガー


1.砂糖の入った瓶に、スターアニス、シナモンスティック、バニラスティック(使った後の鞘を乾かしたもの)を入れる。

2.放置。日にちがたつほどよーく香りが移って良いです。


●フルーツ&ブランデーソース


えー、ポーチド・ペアのついでに作りました。

1.洋梨の皮を剥き、縦半分に切って、芯(種の部分)をくり抜き、小さめのお鍋に入れる。(大きいと、ジュースがいっぱいいるので)

2.アップルサイダーとかりんごジュースとか、(ホワイト)グレープジュースを、洋梨が浸る+1センチくらいまで入れ、シナモンスティック、生姜の薄切りを入れ、(その他、クローブ、オールスパイス、ナツメグ、スターアニスなどのスパイスも良いです)煮る。最初は中~強火で、沸騰しはじめたらフタをして弱火。フタがゆるい場合は、パーチメントペーパーを丸く切ったもので落としぶたにする。

3.柔らかくなったら洋梨はひきあげる。これは明日食べます(笑)今、ブランデーをまわしかけられて冷蔵庫でお休み中。

4.お鍋にレーズン、スライスした干しイチジクなどのドライフルーツを入れ、フタなしでひたすら弱火で、木べらで時々混ぜながら、とろみがつくまで煮詰める。

5.とろみがついたところでブランデーを入れ、よーく混ぜ、再度沸騰しかけたところで火を止めてできあがり。私はお酒入れたらあまり煮ません。なんか、アルコール飛びきるともったいない気がするのよね(笑)


●Merry バナナ棒パイ☆ラム酒味


*フィロの代わりに、冷凍パイシートでもいけるんじゃないかと思います。その場合は薄めのもの1枚で。

1.フィロ1枚を広げ、その上に薄く溶かしココナッツオイルかバターを刷毛で塗る。その上にまた1枚のせる、塗るを繰り返し、3枚重ねる。

2.バナナをのせ、手前からくるくる巻く。真ん中まで巻けたら両端を折って、最後まで巻ききる。表面にココナッツオイルを塗る。

3.天板に巻き目を下にして並べる。バナナの真ん中くらいまで包丁を通して、縦に切れ目を入れる。(フィロが破れやすいので、よく切れるナイフを使って下さい)

4.180度のオーブンで13分ほど焼く。薄いキツネ色になった時に一旦取り出し、ラム酒:メープルシロップ=1:1の液を切れ目にかける。(焼けて自然に口が広がっているはず。)

5.開いた口にアーモンドのスライス、秘密のよっちゃんシュガーをかけ、焼けむらが出ないように、最初とは違う方向で再度オーブンに入れる。230度とか、高めで5分。アーモンドに焦げ目がついたらできあがり。

6.お皿にソースを敷き、いただきます♪ソース、なければ、メープルシロップでどうぞ♪

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-スイーツ、お菓子、デザート, パーティー、イベント料理
-

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.