野菜、キノコ、海草

春だホワイトアスパラガス!

投稿日:2007-04-05 更新日:

ホワイトアスパラガス

春はやっぱしホワイトアスパラガスよね!ってことで浮き浮きしながら作った昨日の晩ごはん。今見ると、裏切られた気がします。今日からまた寒いじゃん!勇み足だったな。


で、去年ってどうだったんだろうと思ってこのブログの過去記事探して、自分で書いた記事でウケました。1日違いだけど、「桜の調子はどうですか?ニューヨークは雪です」だって。毎年懲りないわね。東京も昨日みぞれが降ったそうで。

さて、お料理に話をもどしましょう。ホワイトアスパラガスの自家製ハーブ卵マスタード・ソースがけです。ホワイトアスパラは、根元の方の先をちょっと切り落として、蒸しただけ。

ちょっとソースは凝ったんだか手抜きなんだかわからない代物(笑)思い立った時点では、ホランデーズソースみたいなものを目指す気分だったんだけど、卵を割る瞬間、たった1個の卵で卵黄だけ使う=卵白1個分だけ容器に入れて保存して後で何かに使うのが面倒!という思いが閃き、卵黄と卵白分けることなく、ボウルに割り入れてしまった。

にもかかわらず、予定は決行。全卵、エクストラバージン・オリーブオイル、昨日行ってきたホールフーズマーケットのバワリー店で買ったホースラディッシュ入りマスタード、レモン果汁を混ぜ混ぜ。・・・したものの、やっぱりとろみが出るには至らない。マヨネーズを足しちゃおうかとも思ったけど、

ちょうど、コレ↓

リゾット詰め赤パプリカのオーブン焼き

ポルチーニマッシュルームのリゾットを詰めて、Asiago アジアゴチーズをのっけたレッドペッパー(赤パプリカ)をオーブンで焼いてるところだったので、ソースを入れたボウル(こういう時、耐熱グラスのボウルはいいよね)をオーブンに入れてしばらく熱し、また取り出してまぜまぜしてちょっととろみをつけ、最後にミント、バジル、イタリアンパセリ、オリーブオイルたっぷりに漬け込まれたモロッコのブラックオリーブとガーリック少々の微塵切り、レモンピール千切りを加え、さもこういうソースなんだよ~ん♪という顔をして食卓へ。

もう、ホワイトアスパラガスの横にイタリアンの生ハム(Recla Alto Adige Speck 絶対名前覚えられないな、、、)がうねうねしてる風景にダーリンはくらくらきてるので、見たこともないものがかかってたはずだけど、質問なし(笑)

この他、数日前に作ったビーフシチューの残りがあるわ、ニューヨーク近郊農家のエアルーム野菜のグルメグリーンサラダ(変わったケールとかダンデライオンとかが入ってた。おいしかったけど、ちょっと育ちすぎだった。ベビーグリーンだったらもっとおいしかったと思う)が並ぶわ、ワインも目の前には3本もあるわ、黒トリュフと灰がまぶしてあるチーズ、sottocenere al tartufo(これ、病みつきになる!)、山羊のカマンベールチーズみたいな熟成した cana de cabre があるわ、オーガニックのレッドグレープがどどーんと登場するわで大宴会でした。

自分でもなんでいきなり今晩は大騒ぎなんだろう、、、って思ったけど、たまたまなんかあちこちで気が向いて「たまにはいいか」の連続で買い出ししたもの総動員になってしまったのよね。

何が健康食だよっていう後半のストーリーでしたが、好きなのよね、実は。酒のつまみ系のもの一切合切。チーズと生ハム、サラミの種類の多さは、ニューヨークに住んでて良かったなと思うことのひとつです。ヨーロッパが近いのと、移民がいっぱいだから恩恵ありあり。ステーキはじめいろんな肉料理って特に食べたいとも思わないけど、チーズに生ハムはたまりません。熟成されたことで醸し出される味って、奥が深いよ。さらっと新鮮な美味しさっていうのともまた別な「旨味」なのよね。

今週末にはダーリンの弟がLAから来て、ダーリンご希望のステーキを食べに行き、来週はダーリンの誕生日豪華ディナーを既に予約入れてるので、ちょっと今日は粗食に戻さねばだわ。

広告afb

丸山酵素 健康

-野菜、キノコ、海草

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.