スイーツ、お菓子、デザート

パンプキン豆乳焼きプリン

投稿日:2007-12-13 更新日:


パンプキン豆乳焼きプディング

大バーゲンしてたストウブの小さいココット2個セット、やっとデビュー!よく使うラメキンくらいのサイズだから、スイーツ系にいいよね。パンプキン豆乳焼きプリンとか言ってるけど、なんとなく、柔らかい栗きんとんみたいなものを豆乳と蒸してから実の部分をピューレにしたパンプキンで作ってオーブンで焼いたという感じ?(笑)


木のスプーンで熱いのをほじほじして食べました。このココット、エナメル塗り鋳物なので、金物スプーンだとこするとかちゃかちゃ音がしてやだから、木のスプーン。食いしん坊もお行儀良く最後まで食べられる。木のスプーンはこういう時、いいよね。

甘味は黒砂糖とメープルシロップ。作ったのが週末で、その時、レシピ書くつもりで量ってたんだけど、メモとらなかった(笑)すぐにアップするつもりで、こんくらい覚えてるだろうと思ったんだけど・・・ちょっとおぼろげ。でも、一応書いておきます。

パンプキン豆乳焼きプリン

  • パンプキン・ピューレ ........................ 200g
  • 豆乳 ........................ 240cc
  • 亜麻仁パウダー(なければコーンスターチかなぁ) ........................ 大さじ2
  • 黒砂糖 ........................ 大さじ1
  • メープルシロップ ........................ 大さじ2
  • バニラエクストラクト ........................ 数滴
  • トッピング(オプション):スパイス(クローブ、シナモン、スターアニス)ミックス入りメープルシュガー ........................ 小さじ2

ココット2個分のつもりだったけど、ちょっと余ったので10%くらい少なめに作るとちょうどよくなります。

作り方

  1. パンプキンを縦半分に切って種を取り除く。横半分に切ってからさらに4つ切りとか、鍋に並べられる大きさに。
  2. 蒸す。蒸し器でもいいけど、うちにはないので今回は浅い鍋(すき焼き用に買ったルクルーゼ)に並べて、1.5センチくらい水を入れ、フタをして火にかけて蒸しました。
  3. 大きい金物スプーンとかで実をすくいとり、フードプロセッサーに入れ、トッピングのシュガー以外の材料と一緒にピューレに。
  4. ココットにオイル(レシピ外)を塗り、3.を8分目くらいまで入れ、メープルシュガーをトッピング。(なければないで。とか、グラニュー糖とか)水を張ったバットに並べて300度で表面が焦げてゆるく固まるまで焼いてできあがり。約50分。

甘味はお好みだけど、アメリカのパンプキンって日本のかぼちゃのように甘くないので、甘いのが好きな人はもっとどうぞ。逆に、カボチャとかヤムとか甘いものを使う場合は甘味は少し控えてもいいかも。

フードプロセッサーとかミキサーを使わなくても、木べらとかでつぶして泡立て器でまぜてもできます。つぶつぶが残るけど、ま、それはそれでそういう美味しさもまたあり。

トッピング、なしでもいいけどマフィンとかプリンとか、なんでもそうだけど、全部どこ食べても甘いと感じられるだけの甘味を使うと、かなり糖分使っちゃうのが、こういう風にボディは甘さ控え目、トップは甘いという風にしておくと、時々すごい甘いポイントがあるので甘味控え目、すなわちカロリー控え目レシピにしても物足りない感じにならなりません。おうちスイーツはこういう加減ができていいよね♪

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-スイーツ、お菓子、デザート
-

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.