飲み物

ティータイムに考えたこと。健康とスローライフ

投稿日:2007-12-19 更新日:


グリーンティー

緑茶はレモンティーにするとカテキン効果がアップすると知って以来、ちょくちょくと実行。レモンじゃなくても、柑橘系だといいので、緑つながりで、ライム・グリーンティーにしてみました。緑茶って考えると、レモンティーとか抵抗あるかもだけど、抹茶ミルクとかありなんだし、レモン緑茶もありでしょう。


砂糖使ってなくておいしいジャムで有名なサンダルフォーのオーガニック・ジンジャー&ハニー・グリーンティーです。お茶も出してるなんて最近知りました。パッケージ、これが緑茶と思うと、とてもバタ臭くて素敵だったので一緒に撮影。

こんなの載せといてなんですが、最近、このティーバッグというものがスローライフ精神にそぐわないと思って反省した。何の疑問も持たずに1人分飲むのに多少便利なのと、安いのと、ハーブティーとかは特に種類が多いからいろいろ試してみたくて次から次へと買ってたけど、これって、出さなくてもいい余分なゴミなのよね。

葉っぱのままのお茶ってものが昔からずーっとあるのに、わざわざ個別包装された使い捨てティーバッグものを買うことはないよなと、ふと思ったの。そもそも、お茶をいれるという行為そのものにエレガントさがない。袋ぴりぴりってやぶって、ぽいって捨てて、粉々のお茶入りのかわいくもないティーバッグをぶら~んってぶらさげてカップに入れてお湯を注ぐ。

しばらく待ってお茶が出たら、ちゃぷちゃぷしてからまたぶら~んって引き上げて、ぽたぽた滴が落ちるのをしばらく待ってソーサーとか受け皿へ。あの使った後のティーバッグって、生ゴミがテーブルの上にあるような醜さがあると思う。(って、今の今までそんなこと考えたこともなかったけど、今、書いてて思った ^^;)

これが葉っぱのお茶を淹れるとなると、まず、茶筒をあけたとたんに芳香が立ち上る。あぁ、いい香り♪とついでに深呼吸でリラックス。アロマテラピーのような効果が。そして、ティーポット(とか急須)に入れる。かさかさって茶葉がこすれあう音ときたら、なんか散歩して枯れ葉の上でも歩いてるようじゃないですか。(そう?)

続いてお湯を注ぐ。温度とかでも微妙に味が変わったりする繊細さもありーの、究め甲斐もあるってもんです。で、蒸らすこと数分。いい具合にお茶がはいったかなとちょっとチェック。ちゃんとしたお茶は高いけど、葉っぱが細かい屑じゃなくて、ちゃんと大きくて、お茶入れたときも急須とかティーポットの中で広がって、なんか、うい~~~んってのびしてるみたいで気持ちよさそうで気分いい。

そしてティーポットからティーカップ(とか湯飲み)へ。こんときに、ふたが落ちないように片手を添えるよね?なんか、しとやかでいい感じじゃないですか!(笑)うーん、エレガント、エレガント。そんでもちろん美味しいし。お茶を飲むという日々の体験がちょっと特別なものになりそう。

世間の師走の忙しさをもろともせず、ティータイムってものを見直したの巻き。・・・要するに、休憩ばっかりしてない?と反省もしてみたりもするけど、とにかく、よっちゃんの2008年は脱ティーバッグ、葉っぱですから。よろしく。

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-飲み物

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.