肉料理

レモンガーリック・チキン、アジア風ランチ

投稿日:2008-04-28 更新日:


チキンと炊き込みターメリック・ライス

最近、チキンは、オーガニックで放し飼い free roamingのを一羽丸ごと買う。なるべくちっちゃいうやつね。ホールフード、丸ごと全部食べる主義というのが根っこにはあるけど、頭や足(膝から下)はついてこないけど、首、心臓、レバーっていうおまけつきな上、部位別になったものを買うより安いし、いろんな部位にはいろいろ違う栄養もあるし、味も違って、いろんな意味でお得感いっぱいで気に入ってます。


首はスープストック作る時に使い、心臓とレバーは、小麦粉まぶしてガーリックや葱、洋梨と一緒にソテーして、赤ワイン足すといいワインの肴に♪あるいは、つぶしてソースにしたり、単純に野菜と一緒に炒めて食べたり。わざわざレバー買うと、こっちのは量が多すぎるので、ホールチキンのおまけを楽しむ程度が普段はいい。丸ごと食べる主義って、何かとしっくりくる。自然には、絶妙なるバランスというものがあって、人間もその自然の摂理に従って食べるのがおさまりがいいんだと思う。

それに、チキンの丸焼きって、豪華な印象があるけど、作るのは、切ったりしないでいい分、実は簡単料理なのよね(笑)これ、重要!ターキーだと、でかいもんで、下準備やら焼きあげるのにかかる時間やら、焼き汁をまわしかける手間とか大変なんだけど、チキン、それも、小さいのだとそれほど時間かかるわけでもなく、楽ちん。

この時は、時間節約で、鋏で半分に切って(キッチン鋏のいいやつはこういう時、便利です)、フライパン調理。チキンの表面全体に、塩・胡椒・ガーリックと半分に切ったレモンを搾りながらぬりぬりして下準備完了。

ココナッツオイルをしいたフライパンでチキンの表面に焼き目を入れ、ぬりぬりに使ったレモン本体、ニンジン、ズッキーニをその隙間でソテーし、スープストックをちょっと加えてフタして蒸し焼き。最後の方で、ちょっと醤油を刷毛で塗った。チキンの焼き汁が浸みて野菜はいいお味、レモンの香りで何気に爽やか~な仕上がり♪

でもって、黄色いご飯は、玄米バスマティ・ライスをスープストック&ココナッツミルク、ターメリックとガラムマサラ(合わせ技でいわゆるカレーパウダー)、生姜、塩・胡椒と一緒に炊いたターメリックピラフ。

ってな感じで作った晩ごはんの、これは残りものランチ^^;

もも肉とドラムスティックは食べちゃったんで、手羽部分と胸肉。トッピングのちぎった緑の葉っぱは、窓際ガーデン産タイバジル。包丁で切るより、こういうものはちぎった方が香りが高くてよい。ニンジンは、晩ごはんでほとんど食べちゃったのでこんだけ;;ズッキーニはすぐ火が通るから、これはチキン温め直すときに追加した。

放し飼いチキンは脂肪ぶよぶよじゃなく、皮が旨い。適度に脂がのって、蒸し焼きの過程でそれが脂肪の少ないホワイトミートに染みこみ、レッドミートが風味をつけ、あぁ、おいしさのハーモニ~~♪おいしゅうございましたわー。

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-肉料理
-

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.