米、キヌア、雑穀 野菜、キノコ、海草

パセリ、ネギたっぷりタブーリ風、夏においしいさっぱり雑穀サラダ

投稿日:2008-06-17 更新日:


キヌア・タブーリ

あれ?またキヌア(笑)毎日食べてるわけじゃないんだけど、久々に更新なんで、かぶっちゃった。本日のおうちランチ。といいつつ、最近、キヌア食べる率高し。なぜなら、キヌアやクスクス、お蕎麦は、時間がないとき、暑くて長時間の煮炊きを避けたい時には非常に重宝するから。ま、最近またちょっと涼しいんだけど、調理時間が短いのは省エネになっていいです。


キヌアが赤紫色に染まっているのは、ビーツ(ビート大根、甜菜)入りだから。すごいたっぷりパセリやネギが大量に入ってるんだけど、緑色も赤く染まって、何が何だかわかんないですね。

では、ざっくりレシピです。

パセリ、ネギたっぷりタブーリ*風まっかキヌアサラダ

*タブーリ: パセリやミントたっぷり+挽き割り小麦の中東のサラダ

■材料

    【6~8皿分】

  • ベジタブルスープストックで炊いたキヌア ............. 2合
  • ビーツ ............. 小2個
  • ラディッシュ ............. 3個
  • 茹でたインゲン ............. 乱切りカップ1
  • パセリ ............. 1/2束
  • ネギ ............. 6本
  • トーストしたヒマワリとカボチャの種、クルミ ............. 全部で1/2カップくらい
  • ドライフルーツ
    (クロスグリ、アプリコット、クランベリー) ............. 全部で1/2カップくらい
  • ライム果汁 ............. 1個分
  • エクストラバージン・オリーブオイル ............. 大さじ1
  • ガーリック ............. 2片
  • 塩・胡椒 ............. 少々
  • 白ゴマペースト ............. 大さじ1
  • 【1人分】

  • レッドリーフ・ロメインレタス ............. 大3枚
  • ドレッシング
    (フラックスシードオイル、醤油、玄米酢、柚子胡椒) ............. 大さじ1/2

■作り方レシピ

  1. 大きめのボウルに、ライム果汁、エクストラバージン・オリーブオイル、塩・胡椒、白ゴマペーストを入れ、泡立て器で混ぜる。
  2. ビーツ、ラディッシュ、茹でたインゲンをフードプロセッサーに入れ、微塵切りにしたものをボウルに入れ、木べらやスパチュラで混ぜる。
  3. パセリやネギをぶつ切りにしたものをフードプロセッサーにかけ、またボウルに加え、混ぜる。
  4. 種とクルミ、ドライフルーツをフードプロセッサーにかけ、さらにボウルに加え、混ぜる。
  5. 味見して調味。キヌアサラダはこれでできあがり。すぐでも食べられますが、密閉容器に入れて冷蔵庫に1時間とかおいてからの方が味が染みておいしいです。
  6. ドレッシングの材料をボウルに入れ、泡立て器で混ぜ、乳化(とろみが出て、白濁した状態)させる。
  7. 洗ってよく水切りしたレタスの葉を手で食べやすい大きさにちぎってボウルに入れ、ドレッシングが全体にいきわたるよう、手でふわっふわっとひっくり返し和える。(英語でこれはトス tossといいます。バレーボールのトスです。)
  8. 器にレタスサラダを敷き、そこにキヌアサラダを盛り、お好みでゆで卵や温泉卵をのせていただきます。

ま、混ぜるだけで、野菜、この時はインゲンが入ってますが、あまり深いこだわりはなく、あまってたので入れました(笑)いろんな残り物野菜一掃ができる便利レシピでもあるかもしれません。

基本、フードプロセッサーで微塵切りにしたものを混ぜるだけでいい、包丁さばきなどの技能いらずな簡単料理ですが、とてもおいしい。ダンナリンもおいしいいうてました。肉気のない雑穀料理が褒められるのは、非常に珍しい(笑)パセリや葱のハーブの味と、ライムやレモンなど柑橘類の酸味と、ドライフルーツの甘いけどさっぱりした後味のコンビネーション、私も気に入ってます。

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-米、キヌア、雑穀, 野菜、キノコ、海草

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.