魚介類

ラッキー晩ごはん、甘酒味噌漬けブルーフィッシュ

投稿日:2009-06-29 更新日:


甘酒味噌漬けブルーフィッシュ

そしてこれが「ダブルにすごかった虹」の後に食べたご機嫌ラッキー晩ごはん!白米を炊いて麹を混ぜて発酵させて作った甘酒とお味噌を混ぜたペーストに漬け込んでおいたブルーフィッシュをフライパンにココナッツオイルしいて焼きました。自画自賛するけど、うまかった~!


子供の頃から銀鱈西京漬けが好物だったよっちゃん大満足。でも、ちょっと洋風。というか、ニュージャポネというか、日本とか中南米系のいいところどりしたニューアメリカンというか、よっちゃんアレンジで、トマトとバジルのサルサ(微塵切りして混ぜただけ)とローストした松の実がのっかってます。

甘酒味噌漬けで魚の方にしっかり味がついてるから、トッピングはさっぱり。塩・胡椒とかもしなかった。トマトのあのゼリーみたいな種のまわり部分の液の酸味とフレッシュバジルの香りで十分と思ったので。

下敷きになってるのは炊いたキヌア。後方の野菜の付け合わせは、蒸しただけのインゲン豆、オリーブオイルを表面に塗ってガーリックと一緒にオーブンで焼いたズッキーニ。生協で買ったんだけど、いろんな大きさがあったから、丸ごと1本食べてちょうど1人分くらいの大きさのをゲット。イエローズッキーニじゃなくて、下の方が黄緑~緑色になってるロリポップ(棒付きキャンディー)・ズッキーニとか、なんかそんな名前だった。焼けてからマルドンソルト(結晶フレークになってる塩。仕上げにいいです)をぱらぱらしただけ。

メインディッシュの一皿だけでもがっつりだけど、これに生野菜のサラダとフルーツ付き。

サラダの方は、ミックスグリーンサラダに、ゴルゴンゾーラ(イタリアのブルーチーズ)と今が旬!のレッドグレープを少々。チーズにはフルーツ。甘味があると塩味が益々おいしい。

フルーツは、りんごとオレンジにミントの葉っぱを手でちぎったものをまぶした。ミントって、葉っぱのまま飾りにすると残される運命になるから、ちぎってよけれないように(笑)その方が香りももっとするし。

サマータイムで夕方が明るいまま長いニューヨークの夏。窓際のテーブルで涼みながら、ちょっと早めの晩ごはん。最近、かなり暗くなるまでキャンドルライトで食べてます。ロマンチックやろ~?(笑)

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-魚介類

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.