朝ごはん、ランチ&ブランチ 肉料理

スクラップルなるもの入り雪の日の朝ごはん

投稿日:2010-02-12 更新日:


雪の日の朝食

昨日は大雪だったニューヨーク。窓の外、吹雪いてます!こんな日は「うちっていいな~^^」とおうちライフが嬉しくなる(笑)仕事的にひきこもりですから。ダンナリンも休みだったから、遅めの朝ごはん。


我が家は牛乳と時々チーズやお肉をペンシルベニアのアーミッシュ農家(オーガニック認定されているところもあれば、そうでないところもあるけど、いずれも放し飼いでサステイナブルな酪農をしている家族経営小規模農家)と契約して直買いしているので、オランダ移民のペンシルバニアのアーミッシュの食べものを食べる機会が増えました。食べたことのない世界中のものを食べたいよっちゃんとしては、超うれしい。でまた、ちゃんと育てられたもので作られているからすんごい美味しいんですよ。

この、ケチャップがかかってるハッシュドビーフみたいなのが、スクラップル scrapple というペンシルバニア・ダッチ(オランダ人)の伝統食(デラウエア、ペンシルバニア、ニュージャージー、マリーランドあたりのアメリカの郷土食)。初めて買って初めて食べた。ダンナリンも初体験。基本、お肉好き夫なので、やっぱりおいしいって喜んでた(笑)

スクラップル

注文した時、肉についてはポークとしか書かれてなかったんだけど、今、調べたら、内臓とか頭丸ごととか骨とか要するに一般的に食肉として使われる以外のものを煮込んでブロスを作って、肉類は一旦とりのぞき、そこにコーンミールやソバ粉を入れてお粥状にしてから骨と脂以外の肉を微塵切りにしてもどして、セージ、タイム、セイボリー(ハーブの一種でローズマリーやタイムの仲間)、黒胡椒などのスパイスで調味して作るんだそうだ。

伝統食によくある、徹底的に捨てないで使い切る方式の料理なのですね。でも、、、これは、、、信用できる農家が作ったのじゃないと、ちょっと食べにくいものですね(笑)おいしかったよ。

生ビタミン酵素ものはフルーツが担当し、野菜はサラダじゃなくてスープだけ。

野菜とお豆のスープ

エイコーンスクアッシュ(あまり甘くないカボチャ)、キドニービーンズ(金時豆)、ニンジン、セロリ、玉ネギを自家製チキンスープストックと生姜、タイム、塩・胡椒で作ったスープ。具沢山で満足感あるけどさっぱりスープ。ごちそうさまでした。

一夜明けた本日のうちの近所はこんな感じ

ニューヨーク大雪

大雪の後の快晴の青空。気持ちいいね♪

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-朝ごはん、ランチ&ブランチ, 肉料理
-

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.