豆腐、テンペ、豆類

簡単ヘルシー!納豆ミズナ丼

投稿日:2011-11-12 更新日:

納豆ミズナ丼

速攻簡単お一人様おうちランチ。玄米とかキヌアとか、主食穀類をボウルに入れ、洗ってざく切りした水菜をどっさりのせ、マヨネーズを加えて混ぜ混ぜネバネバ粘りを出した納豆をのせ、その上に醤油を少々加えた自家製ベジタブル・スープストック(または出汁)でポーチエッグのような質感を出した蒸し目玉焼きをのせ、七味をふってできあがり。

納豆はオーガニックなのに、なんで附属のタレやマスタードには着色料、MSG(アミノ酸調味料=化学調味料)ビタミンCとか入ってるの?完全無添加のもの作れないのかな。もひとついうと、あの発泡のパックも嫌。納豆だけ買いたい。まー、自分で作ればいいんだけどさ。


ポーチエッグって、お湯を沸かすのに時間がかかるし、どうしても卵の白身のもろもろがもったいないし、水切りの手間もあるし、それがきちんとできてないと水っぽかったり、もろもろ防止に水に加えたお酢が味の邪魔だったりするから、私はあまりおうちで作らない。

代わりに、鍋に卵がひっつかないよう、3~5ミリくらいとかごく少量の液体を入れて、フタして蒸気を鍋内全体にまわして、卵を目玉焼きの要領で割り入れて目玉焼きのような焦げや固い部分のないポーチエッグに限りなく近いものを作る。

黄味はあくまでとろとろで。

納豆ミズナ丼卵の黄身とろ~り

この丼では、蒸し茹で焼きにした汁はミズナにまわしがけて、しゃきしゃきだけど、サラダほど冷たくない状態にして、ごはんと混ぜて食べました。

ごはんと呼んでる部分、この時は、ブラックビーン・ライスと玄米のマカロニのミックス(笑)微妙にちょっとずつ残ってたのよ~^^;

おうちオフィスで1人で食べることの多い平日のランチ。作るのが簡単、残りもの処理(笑)、栄養のバランス、調理器具や器は最小限度でやってます。栄養のバランスは、炭水化物が~、タンパク質が~というのもだけど、発酵食、ローフードが必ず含まれているように。酵素、プロバイオティックが毎食含まれているようにしています。

アドセンス:336px

おすすめ記事

1

お気に入り包丁について熱く語ったので、ついでに鍋大会を開催いたします。ずばり、結論から述べると、気合いのある方は、All-Clad オールクラッドが断然お薦め。知る人ぞ知るアメリカが誇るお鍋ナンバーワ ...

2

「アメリカ在住の方限定、お得情報!」のコメント欄で、包丁について質問がありました。道具について語り出すと話が長くなるので、記事にしちゃいます。 料理学校が用意していたMessermeister の持ち ...

3

遺伝子組み換え食物の数値データが古くなってたり、遺伝子組み換えでその後新たに市場に出回るものが増えたりしたので、内容を12/11/2017付けでアップデートの上、再掲載します。 「『Future of ...

-豆腐、テンペ、豆類

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.