■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・プチ・ガーデニング

●育ててみた

9月 27日 2005年

ハーブを食べた害虫

この虫、なんていう虫?後ろのぼけてるのは、食われて穴があいて枯れたセージの葉。うちの窓際ガーデンのタイムとセージを食べ散らかしていた緑色のイモムシくんの大人になった姿が見てみたくて、ガラス瓶に入れて、飼育してたら、このたび、立派な蛾になりました。その後、解放。ごめん、どこかの誰か。

なんとなくこんな結果が出るのは気付いてたけど、綺麗な蝶にならなくて、ちょっと残念だったわ(笑)


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. チーズくま   2005年09月28日 00:29
我が家では、山椒やルーにアゲハが卵をたくさん産んでいきます。
何羽も羽化して旅立っていく様子を見ると、植物には申し訳ないけれど、青虫さんに愛着がわきます…。
去年は、秋にサナギになったアゲハがそのまま冬越しして、翌年4月下旬に羽化しました。
自然の驚異!
よっちゃんのところにも蝶々が来るといいですね。
2. thompson28   2005年09月28日 07:03
はじめまして。写真とっても上手ですね。特に今日の「大人になったイモムシくん」好きです。ところで以前記事にあったThe Future of Foodをさっき観てきました。衝撃的な内容で色々と考えさせられます。今日は最終日だったからか観客30名程いて、最後は皆で拍手!貴重な情報をありがとうございました。これからもまた遊びに来ますね。
3. よっちゃん   2005年09月28日 09:26
★チーズくまさん
蝶々はきてもらいたいですが、イモムシくんの間、葉っぱ食べられてしまって困りものですね・・・
越冬して春に羽化って、感動的ですね。
さなぎって、球根みたいですね。
4. よっちゃん   2005年09月28日 09:31
★thompson28さん
イモムシくんの時、サナギの時も写真に撮っておくべきでした。
観察者として甘かったです。

The Future of Food、盛り上がっていたと聞き、うれしいです。
もっと長い期間上映してもらいたかったですね。
次に話題になるのは、DVDになった時でしょうか。。。
5. OREO   2005年09月28日 11:13
いやん、よっちゃん、好奇心すごすぎ!
私も本格的にプチガーデニング(あれ、なんか表現がヘン?)始めたら、イモムシくんにも遭遇しちゃうのかしら、、、かなりfreak outしちゃいそうな私、、、自信ありませぬ。
6. 黄緑猫   2005年09月28日 18:02
やっぱ、虫って怪獣だね。
なんか、小学校のときの宿題みたい。楽しいですね。こないだ、すごい綺麗な水色の蛾と赤い斑点のあるかわいい蛾がいたの。このよっちゃんさんの観察で、逆に幼虫がどんなだったのか知りたくなりました。
でも、ほんとはイモムシや毛虫が苦手です。至近距離にいたら、ちょっと悲鳴。ところで、蝶と蛾の違いって何?母は止まったときに羽根が閉じてるか開いているかと聞いたと言うのですが・・・小さいときから、ファーブル先生に影響受けたよっちゃんさん、知ってたら教えてなり〜
7. よっちゃん   2005年09月29日 09:42
★OREOさん
網戸してても、どっかから入ってくるんですね。
イモムシ君、何度か遭遇しました。
あれ?葉っぱが食われてる・・・で探すこと5分。
きれいな緑で、見事な保護色。自然ってうまいことできてます。

昆虫飼ったり、野球してたりしてた少年時代がバックグラウンドとしてあるので、だいたいの生き物は危険だったり不潔だったりしない限りは平気です。
ミミズはさすがに最初きしょ〜って感じでしたけど、それも10分で気が変わりました。

たくましきガーデナーとして健闘を祈ります!
8. よっちゃん   2005年09月29日 09:51
★黄緑猫ちゃん
小学校時代よりは脳みそ衰えてるけど、
基本は同じだから、実験、観察大好きさ!

えー、黄緑猫ちゃん、虫大好きなのかと思ってたー。
蝶と蛾は、例外もあるんだけど、基本的にはお母さんのおっしゃられているのはかなりの確率で正しいです。
あと、触覚が、蝶は細くて先が膨らんでる形、蛾は櫛状とか、蝶より蛾は胴体が太いとか、蝶は昼行性で蛾は夜行性とか。

今調べたところによると、触角が一番例外が少ないんだそうだ。

今日は公園に落ち葉拾いに行って、セミの抜け殻を発見した。
足がちゃんと6本そろっていて完璧な姿。
今、リビングルームの生き物系ディスプレイ棚に飾ってある。
黄緑猫ちゃんの指人形も一緒にここにいるんだよ〜♪
9. 黄緑猫   2005年09月29日 11:45
ありがとうございます!
さすがですね!これから、蛾と蝶、見掛けたらそれらの点、よーく観てみます。蛾は夜行性というのは、すごく納得。関係ないけど、最近、フランスには蛾って言葉がないと聞きました。みんな蝶だっていうらしい・・・ほんとかな?まだ裏がとれていません。
虫、好きだよ。でも、よっちゃんさんやみんなみたいに優しい気持ちで、愛がある感じで好きなんじゃないの・・・形とか模様とか気持ち悪いとか美しいとか、興味がある。あと、彼等の知恵とか。「観て!面白い虫がいるよ。」は大歓迎だけど、絶対触れないです。こないだなんて、大ムカデが壁に張り付いていて涙出た。年に1、2回出る。割り箸でつまんで瓶にいれて観察。きぃもぉちぃわる〜とかいいながら見入ってみるけどさ。苦手なのに変なのかな?
この行為。蝉の抜け殻は好き!
10. よっちゃん   2005年10月03日 01:32
★黄緑猫ちゃん
夜の蝶っていうんだってね。教えてくれてありがとう。
カッコイイ!
虫に愛。。。というよりは、好奇心と畏怖だね。自然ってすっげー!みたいな。
あの、ムカデは私も触れません(笑)腫れちゃうよー!危険ー!
蝉の抜け殻、見れた?
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< ●アマゾンのミラクルフルーツ、アサイのスムージー ●トマトとペッパーのせコーンブレッド >>