遺伝子組み換え食物の数値データが古くなってたり、遺伝子組み換えでその後新たに市場に出回るものが増えたりしたので、内容を12/11/2017付けでアップデートの上、再掲載します。


PLU


「『Future of Food』~遺伝子組み換え食品に関するドキュメンタリー映画~」で、遺伝子操作された食品(以下GMOフード)が、実は私たちの知らない間に(知っている人も居ると思うけど、99年の調査では、アメリカ人の90%以上の人が既に市場にならんでいるといいう事実を知らなかった)出回っているということに触れた。今日は、一部内容が重複するけど、GMOフードを避ける方法について書きます。


遺伝子組み換えの野菜や果物は、その表示義務を勝ち取った州もあるけど、ほとんどの州では表示されないまま。安全だという説もあるけど、だったら表示して、遺伝子組み換えに賛成しない、食べたくない人が避けられるようにすればいいと思うんだけど、現実は現実。

現在、アメリカで出回っている問題解決にも尽力しないといけないと思うけど、「遺伝子組み換え(GMO)食品は買わない」というのは、ノーを言いたい人誰もができる反対運動。今後、USDAの承認を待っているGMOフード、目白押しなんだけど、現在既に消費者が食べる可能性があるのは以下の通り。

    アメリカで出回っている遺伝子組み換え食品
    %の数値は2015年のもの
    参照元:http://responsibletechnology.org/gmo-education/gmos-in-food/

  • シュガービーツ95%(砂糖の原料)
  • 大豆94%
  • 加工用、飼料用コーン92%
  • キャノーラ(カナダ産98%)
  • 綿94%

    上記の物ほど多くはないが流通

  • スイートコーン
  • パパイヤ
  • サマースクアッシュ(ズッキーニ、イエロースクアッシュ)
  • アルファルファ(飼料用)
  • ホワイトラセット・ポテト
  • リンゴ(2017年11月にアメリカで出荷 ソース:Bloomberg News


    許可済み。これから出てくる可能性のあるもの

  • トマト
  • フラックス/亜麻
  • ラディキオ
  • メロン
  • サーモン

でもねー、一見ラベル読んだだけではコーンや大豆が起源とは想像つかないような名前に変わっちゃってるのもいっぱい。私は、加工品は添加物も過度の塩分もイヤなので、非常食くらいの位置づけで、そもそもなるべく買わないようにしています。シンプル簡単でいいから、素材から自分で料理!


ショッピングの度にそんなこと面倒という人は、アメリカならUSDAのCertified Organicか100%オーガニック、日本なら有機JASのものを買いましょう。オーガニックは遺伝子組み換え食品の使用は禁止なので。ただ、Organic という表示だけの場合は原料の95%、Made with Organic なら70%以上がオーガニック素材という意味で、残りはオーガニックじゃないので、何が入っているのかチェックの必要あり。


以下、2005年に


さて、こっからはアメリカ在住の人だけ情報。日本は加工品以外ではGE入ってないから食材を買ってる限りは大丈夫なはず。上の写真にも見えているように、果物や野菜には、(ないのもあるけど)シールが貼ってあって、PLU(Product Look Up)コードが表示されているんだけど、これ、オーガニックは9で始まる。オーガニックじゃない普通の食品=conventional food は、3か4で始まり、遺伝子組み換え作物は、8で始まる。


このページ innvista.com/health/foods/organics/labeling.htm (リンク切れ)によると、ハワイ産パパイヤのみが8始まりの可能性があるんだそうだ。なるほどね。私はPLUコードのことを知ってから、買い物の度にチェックしてるけど、今のところ8始まりって見たことなかった。パパイヤ買う時は、要注意ですね。


と書いたんですが、リンク先が記事なくなってるし、役立たずな情報だったので、PLU番号について補足します。

オーガニックが9で始まって、遺伝子組み換え食品が8で始まるのは確かです。ただ、8を使わないといけないという法的強制力がないので使われていません。そりゃそうだよね。遺伝子組み換えだったら買わないっていう消費者がほとんどなわけだから、義務じゃないのに自分から遺伝子組み換えってラベルを貼るバカはいない。

PLU番号番号からわかるのは、それがUSDA認定のオーガニックなのか、そうじゃないのかだけ。市場には遺伝子組み換えパパイヤやスクアッシュが3か4始まりのPLUコードで出回ってます。

【まとめ】
遺伝子組み換え食品を避けたければ、大豆、コーン、キャノーラオイル、コットン(綿実油とか)、パパイヤ、シュガービーツから作られた砂糖、サマースクアッシュ、ホワイト・ラセットポテトに関しては、オーガニック認定されているもの、NO GMO認定表示のあるものを選ぶ、ファーマーやお店の人に遺伝子組み換えなのかどうか確認しましょう。

18件のコメント

  1. なるほど、、、参考になりました。
    私たちが普段なにげなく買い物をしているスーパーでも常に気をつけないといけないということですね。
    それにしてもアメリカのシールでチェックする方法、明確でいいですね!

  2. 『遺伝子組み換え食品は使われていません』など、書いてあるものは良く見かけますが、それ以上を気にしたことはありませんでした。
    もっと気にしないといけないですね!
    子供もいるんだから、もっともっと。。。
    本当は、気にしなくても安全なほうが良いんでしょうけどね(>_<)

  3. ★Tomokoさん
    日本は加工品以外では遺伝子操作食品入ってないので、
    そこの部分は心配なくていいですね。
    今後、アメリカ政府にごり押しされないように注意ですね。

  4. ★ゆうさん
    一番気にしないで日常的にとってしまってそうなのは、清涼飲料水でしょうか。
    コーンシロップは、砂糖よりもまだ安いので、
    焼き菓子とか、ジャンク系加工食品にいっぱい使われています。
    気にしなくても安全だった時代は、かなり遡って終わってるので、
    消費者が賢くならないといけませんね。
    食べ物で病気になっても、特定できることは稀ですもんね。

  5. こんにちは、英国で寿司シェフをしている聖子です。遺伝子組み換えについて興味があるので久々に書き込みしてます。英国でも気をつけないと遺伝子組み換えの食品ばかりですよ。私もなるべくオーガニックのものを買うようには気をつけています。
    所で英国では遺伝子組み換えのものはGM Food (genetically modified food)と呼ばれていますが、GEは何の略ですか?国によって呼び方が違うんですね。

  6. ★聖子さん
    こんにちは
    GEは、genetically-engineered です。
    アメリカでは、なんとなくですが、立場によって使われる単語が違います。
    Frankenfood>GMO>GE foodで、遺伝子操作食品反対!って感じです。
    Frankenfoodは、ワンワードで、フランケンシュタインから来てるので、もうこれは、あからさまに大反対運動派って感じで、GMOか、GEかっていうのはあまり意識されてないと思いますが、modified は改悪、engineeredはニュートラルに操作したというニュアンスをこめてることもあるようです。
    ややこしいのが、biotech foodで、よーく読むとGEだったりして、なんか、悪意の改変にとれることがあります。
    やっぱり、安全パイは、certified organicということになりますね。。。

  7. よっちゃん、お久しぶりです。
    PLUコードの話、ありがとうございます!あの番号はスーパーで分類する為のものだとばかり思っていたのですが、そんな意味があったんですね。と、うちの冷蔵庫に入っている食べ物を見てみたところ、9と4で始まるものだけでした。ホッ。
    アメリカは(特に今の政権は)消費者よりも生産者サイドに有利なことばかりしますからねえ。今後GEフードも益々増えるんでしょうね。

  8. よっちゃん
    解説どうもありがとう!今日は地元のファーマーズマーケットに行ってきました。都会だと中々できないけど作っている人と直接話ができる環境っていいですね。
    でも英国の農畜産業の方々、経営の面では大変みたい。例年海外から(あるいはEU各国)からの食品輸入が増えている分、政府からの資金援助があったにしても厳しいみたいです。フランスはその面進んでいるように感じます。食べ物に関しても大量生産、グローバリズムが広がっている今の状況って、時代の逆を進んでますよね。

  9. ★Ponさん
    今のところ、グロッセリーストアで生の食材を買って、魔の数字8にあたる可能性が高いのはパパイヤらしいです。
    私は8,見たことないですが。
    遺伝子操作農産物を作っているのは、農業じゃなくて、アグリ(-)ビジネスですからね。
    遺伝子操作食品のほとんどは、本当にモンサントとアメリカ政府、FDA、EPAの要所を固めているモンサントからのまわし者がボロ儲けするためだけのものです。
    GEの種は、コストパフォーマンスが悪いし、種を保存するのが禁止で毎年買わないといけない仕組みなので、農家は儲からないんです。効率が悪くてやっていけないから、ブッシュ政権は、こういう農家に援助金を出す法案にサインしました。消費者はわかってたら食べたくないし、政治的後ろ盾なくして、成り立たなかったことなんです。。
    自分のためにも、明日の人類のためにも、地球のためにも反対しましょう。

  10. ★聖子さん
    フランスはさすが長い歴史の中、常に食に誇りを持ってきた国だなぁと、春に旅行した時、改めて思いました。
    大都市でもちょっと電車乗ると、すぐブドウ、小麦、キャノーラなどの畑と牛が放牧されている牧場というか、牧草地帯が延々と広がっているんですよね。
    本屋さんに行っても、子供向けに食と農業、エコロジーを教える絵本が多いように思いました。
    健康な食糧を自給できることって、政治的経済的に自立した国になることの基盤だと思います。
    食糧の安全と、食材の豊かさを確保するには、
    消費者がもっと分別して買うことでサポートしていくことが必要だと思います。
    モンサントが何しても、非買運動を徹底すればどんな政略も無意味なはずですから。

  11. ニューヨークに住んでいる以上は、オーガニックのお野菜やフルーツにしないとあぶないってことですね。外食するときが難しいですね。その点、日本の基準ってすばらしい!

  12. ★OREOさん
    日本やヨーロッパでも、新鮮食材として輸入していないだけで、加工品としては流通しているし、
    アメリカでもグロッセリーとして流通しているのは今のところパパイヤだけらしいので、
    結論としては、世界中どこにいても、とにかく
    スナック、市販の焼き菓子、ファーストフード、ソーダはじめ天然果汁100%じゃないジュース類を避けた方がいいということですね。
    いろいろ自分でチェックしないといけない項目が最小限という意味で、
    オーガニックは楽ちんでいいです♪
    外食は、、、ニューヨークだとこだわれば避けられるんですが、そうするとバリエーションが減るので、
    私は普段はできるだけヘルシーに、食べたいレストランでもないのに外食するのは減らし、食べる時は楽しもう!式です。

  13. はじめまして。とても素敵なHPですね。今回GEについてだったので、先日グリーンコープで読んだ事を。日本ではGEは許可されていないけど、輸入したものを輸送する途中でこぼれ落ちたものと交配して汚染が進んでいるそうです。必ずしも港のそばとか都会だけでなく、田舎の道端に何気に生えているものも汚染されていてこのままではnon-GEの栽培も難しくなるとのことでした。これを予防する手立てとしては、やはり反対の声を上げていったり、輸入品を使わないということでしょうが、どこで使われているかわかりにくいだけに、難しいですね。

  14. すみません、初書き込みなのですが、もう少し。
    私も日本は安全と思っていましたけど、食品添加物は他の国々に比べてかなり多いし(こんなにアトピーが問題になっている国が他にあるんでしょうか?)、電気も80%は原子力発電によるもので、この割合はかなり高いそうです。それと話はそれますが、よっちゃんは菜園を作ってますけど、その土にバーミキュライトは入ってませんか?実はバーミキュライトはかなり危ないものらしく、それを知ってから、ベランダガーデン用の土を買うのに、どの培養土にも入っているので、恐ろしくて土を足せずにいます。アメリカのバーミキュライト鉱山が倒産したとき、山のようにあった在庫がどこへ消えたのか・・・片や、未だにどの園芸用土にも入っている日本。知らないって怖い…。私達がもっと勉強してどこかで声を上げていかないといけないですねえ。。。

  15. すみません、初書き込みなのですが、もう少し。
    私も日本は安全と思っていましたけど、食品添加物は他の国々に比べてかなり多いし(こんなにアトピーが問題になっている国が他にあるんでしょうか?)、電気も80%は原子力発電によるもので、この割合はかなり高いそうです。それと話はそれますが、よっちゃんは菜園を作ってますけど、その土にバーミキュライトは入ってませんか?実はバーミキュライトはかなり危ないものらしく、それを知ってから、ベランダガーデン用の土を買うのに、どの培養土にも入っているので、恐ろしくて土を足せずにいます。アメリカのバーミキュライト鉱山が倒産したとき、山のようにあった在庫がどこへ消えたのか・・・片や、未だにどの園芸用土にも入っている日本。知らないって怖い…。私達がもっと勉強してどこかで声を上げていかないといけないですねえ。。。

  16. ★たうしゃんさん
    初書き込みありがとうございます。
    GE作ってなくても、輸入食品として出回っていて、
    知らない間に食べてしまっているというのがコワイというか、生産している側、管理している側、ずるいと思います。
    GEの問題点は、安全面と、生態系の汚染です。実験室の中だけで話が完結している医薬品などへのバイオ技術利用と違う部分です。
    マスメディアには、寒天が体にいいとかいうことより、GE知らないであなた食べてますよ!ってことを取り上げてもらいたいです。スポンサーあってこそのテレビではやりにくいと思いますが、NHKで特集やってもいいのにと思います。(やりました?知らないで言ってますが)
    アメリカがリードする方向に何かとひっついてやってきた歴史が日本にはあるので、
    草の根運動、大事だと思います。

  17. ★たうさん
    バーミキュライトが危ないなんて!!!教えて頂いてありがとうございます。
    そんなこととは知りませんでしたが、園芸用の土(バラとか、観賞植物用の土)って、化学肥料とかいろんなものがあらかじめ入っているのが嫌で買っていません。
    「オーガニック」って書いてある芝生用のただの土です。
    それで、公園で拾ってきた落ち葉を混ぜて、ミミズちゃんにあとは肥やしてもらっています。
    種も、オーガニックか、エアルームか、薬品・化学処理をしていない種を販売しているお店から買っています。
    土しかり、いらないもの、いらないんですよね。
    できるだけ素から何でも始めるのが、私のスローライフです。
    一番経済的で安全で、DIYなのでやり甲斐もあって楽しい、
    自分だけしかできない体験があって、学ぶことも多く、楽しいです♪

  18. 送信がうまくいかず、2度も同じことをのせてしまいすみませんでした。GEはグリーンコープに入るまで知らなかったので、ほとんどの日本人は知らないでしょうね。これもアメリカからの農作物輸入促進のための情報操作の一つでしょう。
    それにしても土にまでオーガニックって書いてあるってすごいですね。日本ではあるのかなあ・・・?種も気にしたことはなかったです。今日できるだけ何も入ってない有機資料配合と書いた土を買ったので、腐葉土と混ぜてメンテしたいと思います・・・。
    バーミキュライトについて、下のHPに少しのってます。
    http://www.xeriscape-jp.org/column/asbest.html#libby

ただいまコメントは受け付けていません。