■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・食べ歩き、グルメ

●汚い鶏って名前のフライドチキン屋さん

5月 18日 2006年
Dirty Bird

チェルシー地区にオープンしたばかりの『Dirty Bird to go』というアメリカ南部のフライドチキン屋さんに立ち寄って買って帰ってきたチキンフィンガーと添えのダーティー・ライスとコーンブレッド。

テイクアウト専門の狭い店なんだけど、オーナー夫婦が、イーストビレッジにある狭いけどおいしくてお得フルコースが評判の『Jack's Oyster's Bar』の元シェフで、女性の方は、アメリカ食の権威、ピーター・ビアード財団から、ライジングスター・シェフ賞(新人賞ですね)受賞者、チキンが free-range フリーレンジ、サイドディッシュには旬のオーガニック野菜を使ったサラダがあり、オーナーシェフ2人は南部出身の人なので、彼らのグルメも満足な家庭料理、スローフードなファーストフードというのが売り。

最近、フリーレンジを謳うチキンがよくあるけど、これ、外へのアクセスがある状態で飼育されたというだけの意味なので、日本の「平飼い」みたいに、必ずしも戸外で飼育されてるというわけではないのよね。身動きとれない状態で飼育されている大量生産チキンよりは基準は上だけど、どのくらいちゃんと育てられたかは、個々の生産者の説明書きを読まないことにはわからないというのが現状。「オーガニック」とは違うのだ。

話を『Dirty Bird to go』に戻そう。それにしても、鳥インフルエンザがニュースになっている今日この頃なのに、「Dirty Bird」って店名はないんじゃないの?「汚い鳥」ってー、、、。それとも何かスラングなの?

私がお持ち帰りしたのは、10本入りチキンフィンガーに2品サイドディッシュをつけた$18.99のセットメニュー。チキンフィンガーというのは、胸肉を細切りにしてパン粉(といってもアメリカのは細かくて粉みたい)をつけて揚げたもの。テイクアウトにしては高いよね。男性シェフの名を冠したディッピングソース付きだったので、あえてフライドチキンにしないでこれにしたんだけど、スロー・ローストしたチキン1羽$10.99というのの方がお得だったかもなぁ。

それに、袋あけてびっくり。ライス(dirty rice: 砂ずり入り)が少なく、コーンブレッド、これはポレンタ?ってくらい薄いじゃないの。ニューヨークたれども、アメリカで「量が少ない」って文句言うことは滅多にないよ!(笑)

一体巷ではどんな評判なんだろうと、ニューヨーカーの大御所ブログを見たら、案の定「量が少ない」って文句コメントを残していた人がいた。それがまた「少ないだけでなく、容器が上げ底なのはけしからん!」という細かい指摘ぶり。そこまで気付かなかったよ。。。でも、紙のカップって、アイスクリームでも紙コップでも、構造上ちょっと上げ底なんじゃないのかなぁ?^^;

他、「高い」「塩が足りない」「サービスが遅い」「接客が横柄」とさんざんけなされていた。高いのは事実だけど、フリーレンジな分、材料代高いんだし(でも、添えのライスとコーンブレッドはこの2倍の量はあっていいと思う)、5分くらいしか待たなかったし、カウンターの人はおねーさんもおにーさんもナイスだったし、塩も足りてたし、しかもソースは甘いのと辛すっぱいのと両方あったんで味つけが薄いなんてとんでもなかったし、衣もぱりっとしてたよ。

オープン直後、グルメ批評ブロガーの間であまりに叩かれたので、速攻、軌道修正されたのかもね。ま、レストランもそうだけど、オープン直後ってのはね、スムースに運営されないことはよくあるのだ。特にここなんて、オーナーシェフ達、ニューオーリンズにオープンしたレストランの方にいて、普段いないし。

『Jack's Oyster's Bar』時代、女性シェフの方が受賞というので取材に行ったことがあって、その時、ちょうど彼らは新婚ほやほやで、かわいいナイスなカップルだったので、私は肩持っちゃうよ!揚げものだし、そんなに応援してるわ!って食べられないけど。。。

とにかく、これだけだとココテコテなので、ロメインレタスを添えた。するとプレートが見違えるような彩りになり、ちょっぴりヘルシーな気分。お肉大好きダーリン大喜びのランチであった。来週、『24 Twenty Four』が2時間枠でシーズン・フィナーレなので(いやーんっ!)、その時にまた食べよう!と息巻いております。テレビとチキンと、別に関係ないんだけどー、ま、いっかー。ビールもね!(笑)

◎ランキング参加中。応援クリック♪→人気ブログランキング

Dirty Bird to go

-----------------------------------------------
●Dirty Bird to go
 ダーティー・バード・トゥーゴー
204 W 14th Street
New York, NY 10011
(bet. 7th Ave. and 8th Ave.) 212-212-620-4836
www.dirtybirdtogo.com
営業時間:月〜土 11:00-15:00、18:00-21:00
-----------------------------------------------

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. Charlie K   2006年05月20日 00:40
ありがたい・・・。ありがたい。貴重な情報をありがい。それも写真入、住所入り。うれしいです。
2. maiko   2006年05月20日 16:31
こんにちは。美味しいか不味いかより、この鳥インフルエンザ報道の中『Dirty Bird to go』って店名つけちゃうのがいいです(笑)逆にどんなお店だろ?って思ってしまいます。私の自宅の近くに居酒屋『ぼったくり』ってあるんですけど、よっちゃんのブログ見て思い出しちゃいました。今だ『ぼったくり』に入る気しませんが・・・(笑)
3. KUMO   2006年05月20日 17:07
はじめまして。おじゃましま〜す。。
LAのノースハリウッドにあった店と同じチェーン店だろうか。。。
名前がDirtyBirdやったか、BloodyBirdやったか、思い出せないっす。。。
全米フランチャイズなんですかね??
4. yochan @ NY Slow Life   2006年05月21日 03:34
★Charlieさん
なんのこれしき。おやすいご用でございます。
またのお越しを♪
5. yochan @ NY Slow Life   2006年05月21日 03:35
★maikoさん
名前って大事ですよね。
インパクトがあればそれで成功なのかもしれませんね。
『ぼったくり』って言われたら、腰が引けつつ、私なら行っちゃうなー(笑)
6. yochan @ NY Slow Life   2006年05月21日 03:40
★KUMOさん
はじめまして。ようこそ♪
Bloody Birdもすごいですね。。。こわいー!

オーナーシェフ夫婦は、ルイジアナのレストラン、『Longbranch』に続いてここが2軒目なので、LA店は関係のないお店だと思います。
でも、これで成功したら今後チェーン展開しそうな匂いがしますね。
7. OREO   2006年05月21日 04:02
へー!このあたり、しょっちゅう出没するエリアなので、今度チェックしてみたいですー。レストラン・レビューって、チェックすると、けっこう辛口だったりして躊躇しちゃいますけど、ほんとのところは主観だったりするから半分くらいしかあてにならないのかなあ?
ロメインサラダもこちらで購入なのでしたか?
8. yochan @ NY Slow Life   2006年05月24日 10:17
★OREOさん
特にブログのレビューって、匿名だから、みんな言いたい放題なんですよね。

まず、オープンしたてがダメなことはよくあります。
なので、すぐ行きたい半分、様子見てからにしようか半分で悩みます。

ある程度スムーズに回り出してみんなに評判悪いのは、やっぱりまずいんじゃないかなぁ(笑)でも、主観だから、自分が美味しいと思えばそれでいいんですけどね。

悲しいのは、味とは別に、投資家からの資金繰りとかがうまくいかなくて店が閉まっちゃうことですね。

オーガニックのサラダもメニューにありますけど、ロメインサラダはおうち製でーす♪
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< ●アライグマ発見! ●マイ・ラディッシュ・サラダ >>