■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・魚介類、シーフード

おうちマグロ刺身定食

11月 13日 2006年
刺身定食

昨日大家さんにいまぐろをなんとさくで2つもいただいたお陰で、昨晩は写真のまぐろ刺身ディナーで、今晩はづけ丼ディナー。ここんところ豪華な和食続きです♪久々に白米、銀シャリでいただきました。ありがたや、ありがたや。

お刺身がのってるお皿は母作。黒っぽい釉薬に青白い刷毛目というか、和製プチ・ジャクソン・ポロックみたいな柄入り(笑)お刺身のせるにはもっと平らなお皿の方がいいんだけど、黒いお皿で平らで手頃な大きさのが1枚しかなかったので、そっちの上等皿はダーリンの方に。で、それは写真撮らなかったのよね ^^;

ツマの大根、スライサーで作ったんだけど、うまくできるじゃん。大根が細いのしか近所には売ってなかったから、すりにくかったけど、おいしいお刺身のためなら、なんてことないわ♪

揚げ出し豆腐

揚げ出し豆腐の方のお皿、今回実家からもらって帰ってきた中のお気に入りのお皿というか、お椀というか。磁器だけど、微妙にひずんだ形なところが温かくて好き。これはすごい薄くて割れると嫌なので持ち込みのソフトスーツケースに段ボールを切って丁度サイズの箱みたいなのを作って入れてそこにプチプチで包んで入れて、同じく割れそうで怖かったロイヤルコペンハーゲンのコーヒー&ティーのカップ&ソーサーセットと一緒に大事に大事に持って帰ってきた。

前回、どの柄にするかすごい悩んで買ったお茶碗が、ハードスーツケースにプチプチ包みでど真ん中入れてたにもかかわらず、割れたのよね。こんなん初めて。今、アメリカ発着の飛行機の荷物は、預けたやつ、全部チェックするから、想像するに調べたときに平らにしてあった荷物がでこぼこになって、運悪くこのお茶碗がでっぱってしまって、ばんって締めて、ぼりんと割れたに違いない。あけてめちゃショックだった。

使ってて割れてもショックなのに、使う前に割れて、どんだけショックか!!びえーん!号泣!

ところで、揚げ出し豆腐にブロッコリーですが、許してください。アメリカだし、ブロッコリーは、スーパーフードですから。ふっくら椎茸とかあればなー、よかったんだけどねー。ニンジンも、アメリカには、太いのも売ってるけど、袋入りで売ってるやつは細いの。ゴボウみたい(笑)オーガニック買うから、皮もスープストック作ったりして無駄がないけど、これ、皮剥いて捨ててたら、廃棄率高すぎだわ。

(途中ですが、晩ごはんの写真について言い訳です。うち、夜は間接照明で、天井のライトも暗めなので、ムード満点(笑)すぎて写真がうまく撮れません。色がちょっと変でぶれ気味です。でも、どれもおいしかったのよ。アメリカであんまりまともな和食を作らないので、自己満足のひいき目がすごい入ってるけど。)

和食は、出汁。こんぶや鰹節や煮干しでちゃんととる。そして、いい調味料を使う。米からちゃんと作った本物の味醂、大豆からちゃんと作った本物の醤油ってのは基本よね。日系のスーパー、味醂風味調味料じゃなくて、ちゃんとしたやつ、おいてほしい。日本帰ると、日本酒と焼酎を買わないといけないので、なかなか瓶入りの味醂や、瓶入りの醤油、持って帰ってこれないもん。

で、これは自分でも特にヒットだと思った一品。ほうれん草の胡麻枝豆ゆずとんからし 。簡単でめちゃうま。ほうれん草の胡麻和えなわけだけど、枝豆を胡麻と味噌一緒に練って、ゆずとんからしのゆずの風味と唐辛子のぴりっとした上品なパンチ(笑)を加えたところがミソ。

このお皿も新顔。これ、すごい、使い易いの。お浸しとかの緑も映えるし、白っぽいものもきれいだし、果物とかおかずもデザートもいける。ほら、食べ物にブルーの色ってなかなかないから、同系色で殺し合うことがないのよね。揚げ出し豆腐入れた器みたいに、白字にブルーの絵柄というのはよくあるから、そういうのとコーディネートもできるし、これは本当に大活躍なお皿です♪

また2時半をまわってしまったー。づけ丼はまた明日(今日)アップしますー。

◎今日もありがとう♪読後の応援クリック→blogrankingbanner.gif

ほうれん草の胡麻枝豆ゆずとんからし 和え

  • ほうれん草.......一束
  • 枝豆.......1/2カップ
  • 練り胡麻(白) (私はタヒーニを使いました).......大さじ2
  • 味噌.......小さじ1/4
  • 揚げ出し豆腐の葛粉/片栗粉を入れる前の汁(かつお出汁+醤油+味醂).......大さじ1
  • ゆずとんからし .......少々
<作り方>
  1. 枝豆を柔らかめに茹で、水を切る。(冷凍の鞘からはずしたやつがあればそれが便利。)
  2. ほうれん草をたっぷりの熱湯で茹でて水に放ち、筒状に束ね、軽く絞って、食べやすい長さ(3センチとか)に切る。
  3. 白ごまペーストをすり鉢かボウルに入れ、温かい揚げ出し豆腐の葛粉/片栗粉を入れる前の汁でのばし、味噌、枝豆(ちょっとトッピング用にとっておく)を加え、すりこぎかフォークの背で荒くつぶしながら混ぜる。ゆずとんからし を加え、混ぜる。
  4. ほうれん草を加え、和える。盛りつけ時、上につぶしてない枝豆をちょこっとのせてできあがり。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. お局   2006年11月14日 00:59
よっちゃん、こんばんみ♪
驚きましたー
ダーリンはお刺身が食べれるの?
私は日本人なのに、生の魚がダメダメなんですよ。
うちの家族で私だけ。

ちょっとー!この揚げだし豆腐、めちゃくちゃ美味しそうなんですけどぉー(^o^)
そしてこの器、こういうの、私も大好きです。上品〜♪
お母様作の黒いお皿。渋くていいね〜
手作りの暖かい感じがして、とっても素敵だなぁ。
何回も言っちゃうけど、お皿って難しいのよね〜〜
★お局さま
こんばんみー♪(なぜ「み」??なんか、かわいいじゃん)

あら。ニューヨーカーはお刺身大好きな人多いですわよ。
ダーリンなんて、今や、納豆生卵ご飯食べれちゃうんだから。
コーヒーも私より濃いのが好きで、二人してブラックだし、これはアメリカ生活的にはかなり珍しいと思うのよね。

魚も肉も生で食べれるならそれが一番私は好き。
食べる側としても作る側としても。
料理してて、刺身ほど楽ちんで豪勢なもの、ないもん(笑)

お皿ほめてくれてありがとう。
いつもうまくできへーんって母は嘆いてたのできっと喜んでます。
これ、おぼろ昆布を巻いたおにぎりと梅干しとか、よく合うのよね♪おぼろ昆布がないけどー。
3. e-yoko   2006年11月16日 16:48
お茶碗われたんが、私もショックー!もっと気をつけてよ!>調べた人。

青い食器、意外ですね。食べ物にない色だから、あわないかと思ってたら合うんですね。我が家の食卓には、ほとんど染付けの器がないので気付かなかったです。私、うつわ屋なのですが知らないことだらけです。
★e-yokoさん
今まで一回もハードスーツケースに入れた物、壊れたことがなかったんですよね。。。ショックでしたー!え〜〜〜んT-T

青い食器、そんな定説があるわけじゃないんですけど、よく合うんですよ。
昔、アンデルセンっていうパン屋さんのスタンプ集めてデンマーク製の黒っぽいブルーで微妙に濃淡のあるお皿をもらって使ってみて、食器の主張が強そうでいて、意外となんでも合うということを発見しました。黒いお皿しかり♪
5. チーズくま   2006年11月20日 18:35
よっちゃん、ご無沙汰しておりました!
TBしてくださって、有難うございます♪
私もT
お刺身にはやっぱり大根のツマが欲しいですよねー。
大事に詰めた食器が割れてたなんて悲しい…。
6. チーズくま   2006年11月20日 18:36
↑のコメントが中途半端ですみません。
私もTBさせていただきますね。

寒くなってきましたので、よっちゃんも体調を崩されませんよう、気をつけてくださいねっ。
7. Hester   2006年11月21日 16:03
はじめまして、よっちゃんさん!
ひょんなことからたどり着き、一気にとりこになってしまいました。
で、さっそく、ゆずとんがらし、買ってしまいました、笑。
で、のふたつめ、さっそく↑のほうれん草、作ってみました。気絶するほど(笑)おいしかったです。
またお邪魔させてもらいますが、まずはご挨拶方々、レシピ紹介のお礼まで!これからも楽しみにしています。
★チーズくまさん
お刺身って、それだけでもおいしいけど、
やっぱり、大根とかシソとか、ツマあってのものですよね。
あー、次にお刺身おうちで食べるのはいつかなー(笑)
★Hesterさん
はじめまして!
ほうれんそう、それほどまでにおいしかったですか!すごいうれしい!
同じタレで豚しゃぶさらだとか、ささみの棒々鶏サラダにしてもおいしいです。
出汁の代わりに、豚や鶏をゆでた汁でのばすです。
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< 映画の気分で目玉焼きトースト まぐろづけ丼、生じゃがサラダ、ズッキーニと大根のグリルゆずとんからし味噌添え >>