■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・食べ歩き、グルメ

フレンチ・ビストロでブランチ:Bar Tabac

3月 12日 2007年
ニューヨークのビストロ・ブランチ

週末は、ブルックリンのボエラムヒル Boerum Hillというエリアにある『Bar Tabac バー・タバック』というフレンチ・ビストロでブランチ。目玉焼きがのっかってるその下には、南仏プロバンス料理のラタトゥイユで、両脇には merguez メルゲズっていうスパイシーなソーセージが2本。ラタトゥイユってのは、ニンジン、茄子、パプリカ、ズッキーニとかの野菜とハーブをオリーブオイルで炒めたあと、蒸し煮にしたものなはずなんだけど、なんかこれはたっぷりの油でぐつぐつ煮たの?ってくらい油っこかったよ。

目玉焼きの黄味が超レアなのは、さすがフレンチ!二重丸♪同じくこれを注文した隣のカップルは、2人して黄味に火が通ってないからもう一回焼いてと突き返していたけどね^^;アメリカの人は、固焼きじゃないと、危ないとか、気持ち悪いと思っている人が多いので、ま、驚きもしないけど。

で、こっちはダーリンが注文したエッグズ・ノルヴェジェンヌ eggs Norvegienne。2つに割ってトーストしたイングリッシュ・マフィンの上にサーモン・グラブラックスまたはスモーク・サーモン、ポーチした卵がのってて、ホランデーズ・ソース(バター、卵黄、レモン果汁(とか白ワインとか)を湯せんにかけてとろみをつけたソース)がかかってるやつね。普通のエッグベネディクト eggs Benedict は、サーモンの代わりにカナディアン・ベーコンが敷いてあって、エッグズ・フローレンティーン eggs Florentineというと、肉魚はなしで、ほうれん草が敷いてある。

もう、こっちのが断然あっさりしてておいしかった。私はエッグベネディクト、特にエッグズ・ノルヴェジェンヌが大好きなので、普段だったら絶対注文したと思うんだけど、目玉焼き料理、名前が『Eggs "bar Tabac"』っていうのね。料理に店名が入ってると、さぞかし自慢メニューなんだろうと思ってつい頼んじゃったのよね。この時は失敗だったわ。

ダーリンの、おいしそーとか思いながら渋々食べてると、背後になんと、ブラッド・ピットみたいな人が!ダーリンに「ちょっと、ちょっと、ブラッド・ピットに似てない?」って耳打ちすると、「あぁ、ホントだ。そっくりだ。」と。私はまじでブラッド・ピットなんじゃないかと思ってじーーーーっと目が釘付け。向こう隣の女性も口あんぐりだし、ちょっと、「ブラピ?」と思ったら、その女性は、あくびをしていただけだった。

まだ目が釘付けな私。そしたら、ブラピ、テーブルの上を片付け始めた。

フレンチ・ビストロ Bar Tabac あ、お店の人だったのね・・・(笑)でも、ホント、似てたの。そっくりだった!一緒に写真撮って、ここに載せたかったくらい!お店の雰囲気はとってもいいフレンチ・ビストロなので、エッグ・ベネディクトとか、フレンチトーストとか食べるついでに、ブラピ・チェックに行くのをお奨めしておきます。

●Bar Tabac バー・タバック
128 Smith St
Brooklyn, NY 11201
(@ Dean St)
718-923-0918
地下鉄: F、G - Smith Street

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. クロワッサン   2007年03月14日 01:03
よっちゃんこんにちわー。宿題が忙しすぎてめったにレストランはいかないので全然知らないんですけど、bar tabacは友達に教えてもらって、数少ないお気に入りの一つです。名前は忘れちゃったけど、そこにあるムール貝を蒸したような料理がすっごくおいしです。実はbar tabacでそれしか食べたことがありません。笑 よくスペイン料理でも似たようなのがあって、下に濃厚なスープがたまっていて、というやつなんですけど。。。フランスパンにスープをしみ込ませて食べると最高です!あとそのディッシュにフレンチフライがついてきてそれもとってもおいしいです。普通のアメリカに売ってるものより、細くて軽い感じでサクサクでした!
2. スーサン   2007年03月14日 11:31
こんにちは、★★よっちゃん★★

疲れた時は『スローライフ』お世話になっています。(感謝)

ニューヨークのお店巡りも楽しみで見てます。他のブログでトルコのお店も出ていました

どちらも店構えがハデだな〜(笑)ニューヨークって感じ!?大好きです

ニューヨークを歩きたいyo!

G1のスケジュールにあわせて忙しくなっています。だから疲れたら『スローライフ』です。いいブログだ♪♪♪
3. rainbow   2007年03月14日 17:43
私もラタトゥイユは大好きですが、油っこいのはいただけませんね〜
でも、玉子の焼き方に関しては、アメリカジンのようです・・・生、半生がダメなんです・・・
そして、刺身さえも。^_^;
ダメな日本人です。(笑)
★クロワッサンさんへ
こんにちはー
フレンチ・ビストロといえばムール貝ワイン蒸しですよね。
うーん、マルセイユを思い出すなぁ。おいしいんですよね。魚介と野菜でいい出汁が出た白ワイン入りのスープ、バター、ローストガーリックつけたパンを浸して食べて、がやがやした雰囲気で。あぁ、最高!そういうものが美味しい季節になってきましたー。

こういう場所がうちの近所にあるといいのになぁ・・・
★スーサンさんへ
こんにちは♪♪
息抜きのお手伝いができて光栄でございます。

トルコ料理もおいしそう。異国の料理はいろいろ知らない食材がいっぱいあって楽しいです。珍しいものはなんでも好き。世界中食べ歩きたい!ニューヨークにもまだまだ食べたことがないエスニック料理があるので、もっとがんばらなくては!です^^
★rainbowさんへ
ソーセージが油っこかったから、そのせいも多分あったと思います。夜に、ワインと一緒ならそんなに気にならなかったかもだけど、ブランチだとひっかかりました。

あらー。。。生卵、刺身、私は大好物なので、いやん、おいしいのに、、、どうしてもダメ?絶対だめ?としつこく薦めたくなってしまいます。

好き嫌いって、いろいろなものにチャレンジしているうちに減ってくるもののように思うので、食わず嫌いだけは避けて、飽くなき食への冒険をしてください!私は子供の頃は嫌いだったのに今は好きなものがいくつもあります♪
7. hanakon   2007年03月17日 21:12
初めまして。最近お好み焼きのレシピを探していて、このサイトに到達しました。2002年まで、7年間、NYに住んでいました。引っ越し魔だったのでプルックリン、マンハッタンをうろうろしましたが、Bergen St.の近くにしばらく住んでいたので、Bar Tabacなど、Smith St.近辺はよく出かけてました。Dean St. とHoyt St.
の角にあるBrooklyn Inn.というバーは今でも健在でしょうか? 今はロンドンに住んでいますが、よっちゃんさんのレシピを参考にしてます。これからもNYからの美味しい記事を楽しみにしてます!
★hanakonさんへ
はじめまして♪
お好み焼きからお越しですか!しかもロンドンから!
インターネットっていいですねー。

いろいろな場所に住むのって、いい経験になりますよね。
ニューヨークは、エリアによって文化まで違いますもんね。

飲み歩きはマンハッタンばかりなので、ブルックリンのバーはまだまだよく知らないんですが、ネットで調べると2007年のレビューをあちこちで見るので、まだあるみたいです。このエリアが賑わう前からあるバーなんですね。

ロンドンは、出張で行って、病気だったのに夜遅くまで仕事しないといけなくて、非常にくらーい思い出が・・・T-T 次は楽しい旅行でいってみたいです。
9. ヤえみ@執筆中   2007年03月18日 13:52
お店のたたずまいも料理もいけてますねえ、さすがニューヨークですねえ。
これにコーヒーとかドリンクをオーダーされたと思いますがブランチ二人分でおいくらくらいですか?
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< チーズサンドイッチの豆乳フレンチトーストbyダーリン ヘルシーカクテル!^^ >>