■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・食べ歩き、グルメ

レストランウィーク夏号:鉄人の店、モリモト行ってきた

NYの生活 - livedoor Blog 共通テーマ
7月 18日 2007年

ニューヨーク、昨日からレストランウィークが始まりました。今週と来週の平日は、ランチが24.07ドル、ディナーが35ドルでプリフィックスコースが食べられるお得週間であります。行くつもりがなかったんだけど、料理人Yちゃんが水曜休みだから行くべというので先週末、急遽予約を入れて鉄人森本正治の店、Morimoto モリモトに行ってきた。

モリモトの向かいには、ニューヨーク・ナンバー1イタリアンレストラン、Del Posto デルポストがあり、その横には、これまた評判の高いCraft Steak クラフト・ステーキがあり、グルメデルタ地帯と私は呼んでいる。(ウソだ。今、思いついただけだ)

Yちゃんが行きたいと希望したレストランを、「だって行ったことあるからやだ」とことごとく却下し、モリモトを選んだ理由は一重にデルタ地帯でここだけ行きそびれてたから。

ま、そんなこんなでオープンして1年経つけど、やっとモリモトなのであります。

最初テーブルに通されたんだけど、そこからだと寿司握ってるオープンキッチンが見えにくいので、スシ・カウンターに座らせてもらった。女二人で瞳をみつめあってごはん食べるのもいいんだけどさ(笑)料理してるところが見えると、自分たちがオーダーしてない料理も見えるからいいよね。

ランチは、サラダとお味噌汁がついてきて、メインを3つのチョイスの中から選ぶ仕組み。スシセットか、照り焼きブラックコッド(銀鱈)か、アングリーチキン。

アングリーチキンが何故怒ってるのかは不明。チキンを食べたい気分じゃなかったので聞かなかった。

日本食以外の店だと、アペタイザー選んで、メイン選んで、最後デザートも選ぶのに、3択に回答しただけなので物足りなく、日本酒飲むのにサラダと味噌汁がいきなり出てきても困るから、ウエイトレスの人に一番ユニークな前菜はどれ?って聞いてお薦めされたのを注文。

おお、期待通り、おもしろいものが登場。トロタルタル。ソースがいろいろ。左から霰、ワカモレ(アボカドペースト)、チャイブス、海苔の佃煮、サワークリーム、ワサビ。このもんじゃ焼きのちっちゃいコテでトロのたたきをすくい、好きな薬味にディップして、向こうの出汁(って説明されたけど、めんつゆ味で甘かった)にさらにつけて食べるというお作法を説明される。

トロの上のはキャビア。注文前ウェイトレスさんにこの料理を説明された時点で、私の頭の中ではキャビアがざるそばの薬味のワサビいたいにこんもりのっかてるような絵ができあがってたので、「あれ?こんだけ?」とちょっとがっかりした。でも、Yちゃんには「そんなもんでしょう」とすげなく流された。

とろをもんじゃのコテですくうと、下からクマザサの緑が見えて、これはなかなかきれいだし、滑りも良くていい感じだった。

つけ汁、めんつゆにすべきだったのか、普通に醤油の方が良かったのか意見が分かれるところですが、(それ以前に分かれちゃう人もいそうだけど)、めんつゆにするなら、岩のりは甘くないものがいいと思いました。

で、これがメイン。私はスシで、Yちゃんはブラックコッド。


こうやって写真でみると、すごいボリュームの違い。ブラックコッドにごはんなしなの?これでいいの?西洋料理だと、パン食べ放題だよ。(実際私らはいつもすごいパン食べておかわりすることが多い)


という私たちの心のかよわい叫びには耳を貸さず、厳しい顔で仕事中のモリモト先生。

Yちゃんの栄養のバランスを考慮し、「おスシ食べなよ」というと、「どれだったらいいんですか?」っていうから、手前のスパイシーツナ2つと、エビとマグロを進呈。

「これが好きじゃないやつなんですね。・・・シマアジ食べたかったな」とYちゃん(笑)そんな桶のヒーローをあげるわけないじゃん。甘エビとかボタンエビとかなら好きなんだけどね。茹でたエビはチラシ寿司だったらいいんだけど、握りじゃ嫌なの。マグロはトロ食べたしさ。

ネタは築地から空輸だそうだ。おいしかったけど、おスシって、やっぱり自分が食べたいのだけ注文して握ってもらってはつまむ方が断然おいしいね。この量とネタ、かなりお得だとは思ったけど、私はモリモトにはびっくり料理を期待してたから当てが外れた。

納豆コーラワサビ醤油和えの軍艦巻きとか、そんなイメージだったんだよ。こういう普通のおスシなんだったら、胃の気分を害してでもにアングリーチキンの怒りっぷりに賭ければよかった。

そして私たち、デザートは別腹。私は高いレストランに行ったら、昼だろうと夜だろうと絶対デザート食べます。別腹が圧迫されてきてもデザートのスペースは確保です。

私のアールグレー・プラリネ・クリーム・ブリュレ、Yちゃんのビタースイート・チョコレート・タルト。

モリモト:クレーム・ブリュレ モリモト:チョコレートブラウニー

私のは甘かった。(ま、クリーム・ブリュレなんだし、甘いよね、普通。)Yちゃんはいつもはデザートあまりお気に召さないのに絶賛。味蕾にはまったらしい。

私たち、レストランウィークだから、高いレストランをお得にお試しできるからってんで行ったはずなのに、お会計がでてきてびっくり。2人でチップも入れたらトータル200ドル近かった。レストランウィーク、2件行けたじゃん!

いつものことですが、お酒のせいです。モリモト特製の純米酒のカラフェ(10オンス=296 ml)で止めてたらよかったのに、Yちゃんのピッチが速いもんで、2本目、吟醸飲んじゃいました。でも、レストランウィーク中、吟醸は純米酒の値段+$2でお得になってます。

うちに帰ってきて、おなかいっぱいなまま、来週のレストランウィーク2軒目の予約を入れようと試みるも、行きたいところはもう無理だった。1件だけ、1時半ならなんとかなるところがあったんだけど、考えてみたら私は来週の仕事の予定、まだわかんないんだった。

ま、暇があって行きたくなったら1人で行くかな。予約入れれなくても、バーで食べられるお店、最近多いから、待てば1人ならなんとかなること多いかもです。

●Morimoto
 モリモト
88 10th Avenue
New York 10011
(bet. 15th & 16th Sts)
212-989-8883

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. りろ   2007年07月19日 14:35
う〜ん、興味深い。
盛りつけはすごくキレイですね。
それにしても、よっちゃんさんとしては、期待はずれだったってことなのですね。
銀だらは、確かに寂しそう。

前菜の海苔の佃煮、いっそのこと、ノリナード(黒オリーブのペーストに海苔を合わせ、各種香辛料とオリーブオイルで練り合わせた南仏発の新種ペースト)なんかのほうが、さっぱりしておいしかったのでは?と思ったりもしました……。
2. copa   2007年07月19日 15:08
NGIの後輩のものです。また、遊びにきました。
RestrauntWeekなのに、お会計結構、いかれちゃいましたね。
Morimoto来週、Morimotoさん拝みにいっちゃおうかな。私、仕事辞めて、学校も終わりNYを8月に去る準備してるだけなのでRestrauntWeekにいくときに誰かいないかなって時、誘って頂ければ嬉しいです〜。
3. claudiacardinale   2007年07月19日 19:22
はじめまして。ちょこちょこあそびに来させて頂いております。やっぱり「Morimoto」だめでしたかぁ。私の友人も開店当初行って肉じゃがに激怒していました。たしかどってことない肉じゃが(あれっもしかするとすき焼きだったかもしれない)に$50近くしたとご立腹でした。どうもフュージョン系和食ははずれが多いです。ちなみに「Nobu」は何度か試しましたがことごとくだめでした。
4. たま   2007年07月20日 10:36
Del Postの説明が豪華絢爛!イタリアンNo1だなんて!!笑 私に気を使って下さったんでしょうか。ひひひ
モリモトは全く興味が無かったので(爆)写真で料理の写真見れていい感じです。アペタイザーおもしろいですね〜。カワイイ!

あ、所でYちゃん今どこで働いてるんですかぁ?
5. ゆう   2007年07月21日 02:23
レストランウィークなんて素敵なものがあるのですね。

それにしても、お寿司と照り焼きはボリュームの差があり過ぎです。
★りろさんへ
料理の鉄人で見たような、和食の料理人達の逆鱗に触れたようなとんでもない料理が食べたかった(笑)ので、トロタルタルの勢いが欲しかったのです。私は。

でも、実は、モリモトは、そんなコンセプトの店ではなかったんだったりして(笑)この日のランチはとりあえず、すごい普通でした。

トロに海苔の佃煮だと、熱々の白いご飯食べたいって感じだったので、前菜で酒のあてにするなら、確かに甘いもんより、ノリナードの方が美味しそう。
(つづき)
オリーブといえば、銀だらの方の皿の角の黒い物体、
私はブラックオリーブだと信じきって口に入れたら
黒豆を甘く煮たものだったのでびっくりしました。
で、あ、ジャパニーズなんだから
ブラックオリーブが添えられてるより
黒豆の方が自然なのか・・・と。

モリモト、ノブよりももっとやんちゃで元気なレストランなのを希望します。
★copaさんへ
昼間っから、お銚子(大)2本ですからね・・・
ジャパニーズじゃない店ならデザートついてるからこんなにいかないですが、別腹がだまっちゃいないもんで・・・

ランチに顔出されているとは思ってなかったので、
見られて得した気分です。有名人見ると、突然ファンの気分になるから不思議ですね。(ミーハー!)
フィラデルフィアの店より、ニューヨークに常駐だそうなので
行けば拝めるチャンスありありです。

レストランウィーク、もう一軒くらい行きたいなーとは思っているですが、めぼしいところはもう予約が無理なので、行くとしたら、1人で予約なし、カウンター狙いですね。。。
★claudiacardinaleさんへ
ちょっと最近のレストラン全般に高い!ですよね。
なので、相当プレゼンテーションもサービスも味も材料代もかかってないと納得いかないですね。肉じゃがの何がそんなに特別で50ドルなのか説明してもらいたいですね。

トロタルタル、ちなみに$28。チップとタックス入れて日本円に換算すると前菜一皿4000円です。ま、トロは材料代高いけど、肉じゃが、、、謎ですね。

カメラもってかなかったんで写真ないんですが、先月、Per Seに行きました。すごい高かったけど、素晴らしいお料理だったので満足です。

あまり外食しないので、するときは、お金払うからもうすごい経験させてもらいたい!
(つづき)
ノブは、57の方は行ってませんが、トライベッカの方で夜おまかせ一回、ランチ一回行きました。夜のおまかせの方は私は大満足でした(おごりだったから?(笑))が、ランチは、天ぷらがさくっとしてない天丼かなんかでなんだかなーでした。(自腹だから点数厳しい?(笑))随分昔ですが。
★たまちゃん
Del PostoもレストランウィークのランチでYちゃんと行っただよ。
http://blog.nyslowlife.com/archives/50711468.html
ほら、↑ここでも褒めてるよ!

マリオさんのレストランは、ルパはまーまーかなって感じで、
あとは全部大好きです。デルポストもディナーでもっと食べたい♪

和食はあまり行かないんだけど、行ったよって言いたいレストランだったので(笑)、レストランウィークで行ってきました。

Yちゃんは、テンポラリーだけど、プロスペクトハイツのファームとかってところみたい。
★ゆうさん
レストランウィーク、高級レストランをおためし、のぞき見するにはいいチャンスなんですよね。

お寿司、ちょこちょことお裾分けして、銀だらの方は本当にちょっと1口味見しただけだったんですが、家帰ってからどんどんおなかが膨れ、夜は軽くしか食べられませんでした。(でも食べた私・・・)

ごはんなんでついてこないのー?っていうのがひたすら疑問です。
洋食ならパン、タダでついてくるのに。
13. たま   2007年07月23日 11:51
そかそか。やっぱそれでもBOULEYに戻るつもりでテンポラリーなのね。ってかポジションないと思うんだけど。恐るべし、Yちゃん・・・。汗
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< ニューヨークの夏、無料野外コンサート♪マーク・リボー!!!!! テンペたんぽぽパスタ >>