■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・食べ歩き、グルメ

ミッドタウンの公園内のレストラン、ブライアントパーク・グリル

ブライアントパーク・グリル Bryant Park Grill
9月 12日 2007年
今、日本から3人友だちがニューヨークに来ている。遊びとか出張とかそれぞれの用事で。重なるときは重なるものですね。というわけで昨日、今日とお外ランチでした。まずは昨日行ってきたミッドタウンのブライアント・グリルっていうアメリカ料理レポート。

写真の背後の建物は、五番街の正面入り口階段両側に狛犬みたいにライオンが二頭構えているニューヨーク中央図書館。図書館の西側は、今、ニューヨーク・コレクションが開催されているブライアント・パーク。レストランは、壁三方がガラス戸なのでとても眺めがいい。建物内なんだけど公園の中にいる感じで気分がいい。

友だちがこのすぐ近所で用事だったので、待ち合わせをしてぷらっと入った。私たちの後ろには続々お客さんが来て行列ができちゃったけど、私たちの前には人がいなかったので、予約してなかったけどあっさりと座れてラッキーだった。

普段はランチでもだいたいアペタイザーとメインディッシュをオーダーするんだけど、ちょっと周りの人が食べているものをチェックすると、量が多かったし、野菜とかつけあわせも含まれていたから、メインだけ注文することに。

私はフリーレンジ・チキン(放し飼いのチキン)のハーブ焼き。添えはホームメード・フライドポテト(フレンチ・フライ)と、ニンジン、サヤインゲン、キヌサヤ炒め。

フリーレンジ・チキン(放し飼いのチキン)のハーブ焼き
これ、ちょっと塩味濃かったけど、チキン自体の味はすごい美味しかった!適度な筋肉と脂肪。ぱさぱさしてなくてジューシーですごーいおいしかった。でも、なんせ味濃いので、揚げ物塩味ポテトじゃなくて、炭水化物はもうパンで十分だから、フレッシュサラダとかついてた方がありがたかったなぁ。それか単純に茹でただけのオルゾ(お米みたいなパスタ)とか。

彼女の方はマヒマヒっていう魚(シイラ)とポレンタ(粗挽きコーンの粉を煮たものを固めて焼いたもの)のプッタネスカ・ソース。

プッタネスカ・ソースは、ブラックオリーブ、アンチョビ、ケッパー、ペペロンチーノ(ホットペッパー)などが入ったトマトソース。プッタネスカ=「娼婦」だって。なんででしょうね??アンチョビ入りなので仕方ないけど、こちらも塩辛かった。これもごはん食べたくなる味(笑)

出てきた順番としては前後するけど、パン。


おかわり頼まないのにやってきたので2籠。レーズン黒パンロール、おいしかった。ワイン飲んでると、パンとバターでえんえんと食べちゃう。

で、すごいおなかいっぱいになったんだけど、デザートは別腹なので、2人で1品。ケーキ系はさすがにもう満腹だったのでパスして、できるだけ軽いものってことで、パッションフルーツ・ジュレ・パンナコッタとオレンジ・アマレット・ソルベに。

すごい普通にアメリカ的に甘かった(笑)ソルベ、おいしかったな。お酒、アマレットが効いてたから?(笑)

最近は、アメリカのレストランも、ステーキ屋さんとかは別として、ボリュームがちょっと上品になってきてるんですが、ここは珍しくどかーん!って量だった。最後のパンナコッタも、この値段帯のレストランだと、フツーはこの半分〜1/3くらいの量だと思うな。いいんだか、悪いんだか。

公園内で緑に囲まれ、隣は図書館でなんだか文化的な香り。ロケーション、ステキよね。食うぞ!って時はどうぞ。 ブライアント・パーク・グリル

●Bryant Park Grill ブライアント・パーク・グリル
25 W 40th St.
New York 10018 (bet. 5th & 6th Aves)
ブライアントパーク内ニューヨーク中央図書館西側

追伸:外出続きだったので記事書き逃げの日々です。ごめんなさーい。コメントお返事明日書きますー。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. 小林夕希子   2007年09月15日 11:47
よっちゃんさん初めまして!

夕希子と申します。
実は以前からよっちゃんさんのこのブログが好きでいつも見ていました♪
しかも写真がとても綺麗だと思っていて、実はよっちゃんおすすめのカメラEOS 20Dのレンズは50mm F1.4を購入するほどで、よっちゃんは私の中では師匠的存在でした。(笑)

さて今回コメントしたのは
プッタネスカ=「娼婦」
についてです。

学生時代にパスタ屋さんでバイトしていたことがあるんですが、そのお店も「娼婦風ソース」というメニューがありました。
聞いたらイタリア人だったら娼婦でも作れる簡単なレシピということで「娼婦」と名づけられたと言ってましたが、本当かは分かりません(笑)
でも美味しいですよね〜♪

ダーリンさんの作品のブッシュ大統領の顔のちょっとした違いも分かりましたよ〜(笑)センスいいですよねー!

これからも楽しみにしております。
2. TRUNK   2007年09月17日 22:41
はじめまして☆楽しんで見ています。いつもリンクを辿ってやってきていますので、私のブログのリンクに登録させていただきたく、お願いにまいりました。よろしくお願いいたします♪
★有希子さんへ
いつも見ていただきましてありがとうございます。
師匠だなんて、、、ひょえー^^;

料理の名前に娼婦だなんて、色っぽいというか、イタリアンらしいというか。そういういわれがあるのですね。

ブッシュ比べていただき、どうもありがとうございます。ここまでに3年かかってます!(笑)
★TRUNKさんへ
はじめまして。
リンクは、左の自己紹介のところにも書いていますが、大歓迎!ビバ・リンクフリー!なので、どうぞよろしくお願いします♪
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< ニューヨークのアート&ミュージックフェスティバル(2) 誰でも簡単、健康増進♪ >>