■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・食べ歩き、グルメ

ニューヨークレストランウィーク冬の陣2008(2)

アミューズ:ニューヨーク・レストランウィーク
01月 27日 2008年
レストランウィークで行ってきた2軒目、davidburke & donatella デービッドバーク&ドナテラを追加再更新。この前に行ったAureole オレオールと同じストリートにあるニューアメリカン・レストラン。オーナーシェフ、デービッド・バーク氏は、数々の料理に関する賞をとったことがある実績あるシェフであると同時に、チーズケーキ(クリームチーズの部分だけだけど)をロリポップ(棒付きキャンディ)にしたりとか、ベーコンの香りなどのフレーバー・スプレーを作ってダイエット用に販売したりとか、斬新なアイデアでも名が知れた人。当然、お料理の方も、クリエイティブ。ダウンタウンにwd~50 あれば、アップタウンにデービッド・バークありき。

wd の方は何度も取材でもプライベートでも食べたことがあるんだけど、ここは今回初めて。前から行きたかったのでウキウキで行ってきた。結論からいうと、大満足!普段自炊だから、材料、手間テクニックにおいて、これは自分では絶対作れないってものが食べたいので、エンターテイメント性のあるお店が最近益々好き。

最初の写真はアミューズ・ブーシュ=つきだし。串刺しのミニチキン春巻きにお好み焼きソースみたいな感じのもんだった(笑)セットランチなのにちゃんとこういうのまで出てきてサービス満点。そして向こうに見えているのがバターなんですが、どう?この盛り上げよう!ヒマラヤン・ソルトの上にのっかってます。楽しいじゃないですか、オープニングから。

パン:ニューヨーク・レストランウィーク
で、これがパン。銅鍋入りでローズマリーがささってます。見かけシャンピニヨン風だけど、食べると柔らかくて普通のパンだった。普通って何よ?(笑)私のイメージでは、シャンピニヨンっていうのは、シャンピニヨン=きのこの形したバゲットなので、もっと固めで、皮はばりっとしているの。ま、いいけど、パンはオレオールで数種類食べた中のオリーブ入りのが最高に美味かった。レストランで出てくるパンは、その店で作ってるのもあるけど、仕入れてるのも多いから、自分で買えるのよね。だから気に入ったのがあったら徹底追跡。オレオールで働くYちゃんに教えてもらったんだけど、ちょっとまだ不明。多分、Pain de Avignon。(Yちゃんの「パンアベニュー?とかなんかそんなのでした」という発言から推測・・・)

一品目が出る前から高い満足度(笑)簡単な私。

ロブスタービスク:ニューヨーク・レストランウィーク
ロブスタービスク:ニューヨーク・レストランウィーク
これがロブスタービスク。普段はお互いなるべくかぶらないようにオーダーするんだけど、ロブスタービスクはお互い譲れなかった。前回同様、お皿が出てから、サービスの人がスープを注ぐ方式。今回は写真撮る時間をいただきました。ひとつ賢くなってますね。浮き実はグリーンアップル。

これ美味しかったよ。普通ロブスタービスクっていうと、ロブスターの身がスープの方に入ってて濃厚なものだけど、あっさりめ。でも、カニ味噌ならぬロブスター味噌的コクはあり。この長いラングドシャークッキーみたいなロールの中にロブスターの身が入ってて、左端にちょろっと出てるのがロブスターの髭。(ぼけてるのは、手前に向かってはえてたからです)髭食べられるわけじゃないけど、ロブスター感倍増でいいよね♪

サーモン:ニューヨーク・レストランウィーク
で、これはわさびクラストのワイルドサーモン・グリル。上はフリッセとクレソン。下はフィンガリングポテトのサラダ。これはまぁ、予測がつく味。ワサビわざわざ使うなら、もっとワサビが効いてた方が良かったな。サーモン、脂のってるから、多少大袈裟にワサビ使わないと目立たないんだと思う。

パスタ:ニューヨーク・レストランウィーク
こちらはブラックトリュフとワイルドマッシュルームのカヴァテッリ(パスタ)。今にして思うとあまりトリュフの香りが記憶に残っていない。もっと嗅げばよかった。もったいないことしたかも(笑)

ロリポップ:ニューヨーク・レストランウィーク
で、デービッドバーク定番デザート、“グルメポップ”。10ドルお高くなるメニュー。クリームチーズ丸めたのにチョコレートとかがかかってるの。これ、売ってるんだけどね、ダゴスチーノってスーパーに。ネットで注文すると一箱12個入り$17.67(gourmetpops.com)。私は前に買って食べたことあるんでお得ランチがこのために10ドル高くなるのはどうだろーと思ったけど、Yちゃんは名物食べないとと注文。ま、どういうプレゼンテーションするのか見られてよかった。笑かしてもらいました。ちょっと写真失敗ですみません。

アップルタルト:ニューヨーク・レストランウィーク
こちらは私のデザート、アップルタルトとアイスクリームとアップルクリスプ。他と比べるとインパクトがなくてえらい普通に思えたけど、まぁ、この薄くて大きいってのはユニークと言えばユニークかもね。普通においしかったです。アップルクリスプが酸っぱかったのがバランスよかった。

ここは私たちが食べたレストランウィーク3コースランチ($24.07)の他に$34のランチセットもあり。普段のブランチは$29、$35で3コースっていうのもある。なかなかアッパーイーストにわざわざ出向くことがないんだけど、ここはまた行きたいと思った。高いお店の割にテーブルがツメツメなのがちょっと難かな。でも、料理はどれも楽しく気持ちよくいただけました◎

23davidburke.jpg -------------------------------------------------
davidburke & donatella
デービッドバーク・アンド・ドナテラ
-------------------------------------------------
133 East 61st Street
New York, NY 10065
(bet. Park Ave. & Lexington Ave.)
212-813-2121
平日ランチ、土・日ブランチあり 無休 http://www.dbdrestaurant.com/
-------------------------------------------------

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. happy   2008年01月25日 22:02
NYでこんな料理が食べられるなんて
知らなかったです!
お料理って見た目もすごく大切ですよね♪素敵
★happyさんへ
アメリカっていうとグルメ度どうしても低く思われがちですけど、レベルの高いお店もいっっぱいありますよ〜♪
是非行ってみてください!

外食時は、舌も目もいろいろ刺激されたいですよね。ここは楽しかったです。
3. Asty   2008年02月01日 00:51
美味しそうですね&ランチお得ですね!
今度行ってみます♪
WD50は行ってみたいレストランの一つだったのですが、そんな有名なシェフのお店だったのですね〜。勉強になります。こちらも早く行ってみよう。。
ちゃんとお料理の世界で仕事をされてるよっちゃんに憧れてしまいます^^
★Astyさんへ
WDは、前に住んでたところのすぐ近くだったというのもあって、Clinton Foodの時から追っかけだったりします。料理学校後、ここで研修うけたかったんですが、最低1ヶ月って言われて辞めました。仕事忙しかったもので・・・。でも1日体験は行きました。おもしろかったです。

フードライター業は微妙に隠居したままなですが・・・^^;
5. ANGEL   2008年02月05日 17:47
はじめまして☆
ニューヨークでグルメ、お気に入りに登録して、度々おじゃまさせていただいています。
写真がとても綺麗で、写真家さんなのかと思ってました!
こんなに美味しそうに魅力的に撮れるなんて尊敬します。
私は写真ヘタなのでいつかはよっちゃんさんのように綺麗に撮れるように目標にしています!!
私も綺麗なものとエンタテイメント性のあるレストランが好きです(≧ω≦)
NYに行きたいです〜!!!
★ANGELさんへ
はじめまして☆
お気に入り登録、ありがとうございます。

これは、「うひょ〜うまそ〜♪」っていうハートの念写です。愛ですね。

NYおもしろいですよ〜!おこしやす〜!
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< ニューヨークレストランウィーク冬の陣2008(1) メキシコ・カントリー風目玉焼き朝ごはん、ウエボス・ランチェロス >>