■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・スープ、汁物

コーン&クラムチャウダーとでかクルトン

コーン&クラムチャウダー
3月 24日 2008年
「ほうれん草巣ごもり卵(ベークドエッグ)とポテトの週末アメリカン・ブランチ」のポテト(と玉ネギ)を作った鍋にホームメード・チキン&ベジタブルスープストックと冷凍コーン、パック入りのクラム(アサリの身)を入れて火にかけ、木べらで鍋底こそぎつつ、ポテトつぶしつつ沸騰させ、その後弱火にしてちょっと煮てチャウダーに。

最後、ケフィアを加えて仕上げ。ボウルに入れて、クルトンとパセリを加えていただきました。ヤム〜!美味しいポイントは、ひたすらコーンたっぷりたっぷりなところ。

豆乳や牛乳や生クリームじゃなく、ケフィアなところもミソかな。酸味がさわやかで美味い。発酵食はヘルシーでおいしー。今、小泉武夫著『発酵食品礼讃 (文春新書 (076))』を読んでるところ。まだまだ食べたことがないものがいっぱいある。課題山盛り。

さて、チャウダーに話もどして、クルトンは、パンのへたを大きめの角切りにしてローズマリーと一緒にオーブントースターでトーストしたもの。これがあると野菜たっぷりスープだけで簡単軽い一食ごはんになって便利なのよね。

ニューヨークは、日本に比べるとすごい乾燥してるんで、すぐからからかちんかちんになる。水をぱっぱとふりかけて、アルミホイルでくるんでトースターで焼くとまた柔らかくなるけど、最近、こうやってとっととクルトンにして保存しておき、スープに入れて、最初はカリカリ、残りはスープの中に沈めてふやかして食べるのが結構お気に入り。

前はそんなの美味しいと思わなかったんだけど、なぜかこの頃ふやけたパンがおいしい。日本だとここまでかちんかちんになる前にかびる気がする(笑)こういう家庭料理というか、その土地の気候、風土から生まれた文化みたいなものは、その場に身をおいて初めて理解できるものなのだなと思う。

・・・かといって、ニューヨークとか、乾燥地域に移り住んだ日本人がみんなスープでふやかした乾燥パンの美味しさに目覚めるとは限らないんだけどさ。日本に居たとき、クルトンって、インスタントのカップスープについてる5ミリ角くらいのふやけるもなんもあったもんじゃないようなクルトンしか馴染みがなかったもんで。

ビバ、でかい余り物利用クルトン!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. yua   2008年03月25日 14:30
こんにちは!
私もビバ、発酵食品!です。コーンスープにケフィア?という発酵食品を入れるとどんな味になるのか興味津々です。小泉武夫先生ってとっても面白いおじいちゃまですよね。本は読んだことないですが、テレビの出演を観てファンになってしまいました。日経新聞の連載も楽しみに読んでました。連載は今も続いているのかな〜
★yuaさんへ
こんにちは♪

ケフィアは発酵した乳製品ドリンクなので、ヨーグルト入れるような感じですね。
もうちょっと酸っぱいかな。

私は逆にテレビ出演は見たことがなくて、本しか知りません。写真と著作物から、お人柄がうかがえます。楽しそう、面白そう。テレビでみてみたいなぁ〜。
3. フローリストライフ小林夕希子   2008年04月01日 22:39
日本にいてもスープにひたしてふにゃふにゃのパンが好きな小林です。
どうもそれは個人的な好みみたいに、天ぷらをタレにひたひたにひたして食べるのが好きな人と、ちょっとだけタレつけてカリカリの天ぷらが好きな人とかの違いなのかと思っていました。

あ、しかも私も発酵食品好きなのですが、ヨーグルトに納豆まぜてサラダにのせたりしてました。
友人家族からは「変態」と罵られましたけどね。(笑)
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< 卵・乳製品なしビーガン・キャロット・ミニミニマフィン 汁全部飲んでもヘルシーな蕎麦、納豆と浅漬けのせ >>