■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・魚介類、シーフード

ホウボウのお刺身。がんばっておろした2

ホウボウのお刺身
8月 07日 2008年
ヒラメのお刺身の前日食べたホウボウのお刺身。ホウボウの方が小さくて足が速そうなので、先にいただきました。

ホウボウって、ぬるぬるしてて、頭部分固いし、とげとげだし、体型が三角柱なので、おろすのたいへん。本には載ってなくて、ネットで調べるも、私の技術では包丁だけで頭落とすの難しかったので、そこはキッチンばさみを使った。エレガントなやり方ではないが、鋏で切れば超簡単(笑)よく切れるキッチンばさみ、必需品です。

ホウボウって胸びれがトビウオみたいに長くて、広げると、広がる、広がる。野菜も見てるとその造形の美しさに感動するけど、魚もまたすごいね。広げたヒレがあまりにカッコイイので、ダンナリンを呼びつけ、二人で感動。バットマンみたいだったよ。

そんで、さばくと、胃にキス風の小魚2匹丸飲みされたのが入ってた。10センチ位だけど、ホウボウの大きさが25センチくらいで、胃はぱんぱん。また大騒ぎでダンナリンを呼びつける。小魚の姿形はそのまま。釣った時の餌だったのかも?

ダンナリンが、ちょっと引き気味に「これは食べないよね?」と尋ねる。その不安いっぱいな心配ぶりがおもしろかったので「え?いけるんじゃない?」というと、「消化がはじまって悪くなってるよ」とダンナリン。「いや、半消化状態ってのは、かえってヘルシーかも」と私(いじわるー)。最後は議論を放棄し、「俺は食べないから!」と宣言されてしまったので、おちょくるのは終わりにしましたとさ(笑)

こういうくたっとした身のお刺身って、盛りつけ難しいね。大根のつまがないのもあるけど、どうもさまにならなくて、美味しかったのに、あまり美味しそうに見えなくてヒジョーに残念です。。。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. えだまめ   2008年08月08日 12:25
おひさしぶりです!!
本の出版おめでとうございますっ!!!
さすが!!美味しそうな写真の数々!!
この食材がこんな風になるんだ〜っていつも思います。。尊敬です!!

お刺身美味しそうです!!
色が綺麗ですね〜。。

最近、お刺身について思います。
同じ魚でも造る人によって
生魚なのに、味が全然違う。。
こちらは、アジが旬ですが、
味のない刺身と味ありの刺身があったり、色がピンクちゃんだったり、
これこそ、日本人的感覚の
手仕事だな〜と.....

お造りとは、よくいったものだと
思ってます。
2. よっちゃん@スローライフ   2008年08月11日 01:30
★えだまめさん
ありがとうございます!

「お造り」、ほんと、そうですよね。
そういうことにお気づきになるセンスがまた素敵だなぁと思います。

(私のはまだまだ全然イマイチですが)お刺身ってきれいですよねー。
最近、スシのウェブサイトデザインの仕事をしてるので、鮨や刺身の写真を見る機会が多く、いやぁ、こんなきれいやったんかーと感動しています。

刺身包丁は日本で買ったのを持ってるんですが、普段使いのも片刃の包丁が欲しくなりました。
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< 自分でおろした!ヒラメのお刺身サラダ風 ズッキーニおかずタルトというか、パイというか、、、 >>