ロブスター

大晦日、お昼まで働いてたし、年越しはパーティー3連発と決まってたし、年末ずっと忙しかったから今年はお節なし。すごい不本意。スローライフよっちゃんなのに、どんちゃんよっちゃんで2009年になっちまった。相変わらず忙しくてじっくり買い出しとか行けないし、お料理に時間もかけられない状態なので、近所のスーパーで活ロブスター購入。お正月三が日、最後のご馳走おうちごはんの模様です。


お料理は、手間か、暇か、お金をかけるとなんとかなるもんですね(笑)ロブスター、日本酒と塩入りのお湯で蒸しただけだけど、豪華~!!

ロブスターの下敷きになっているのは、蒸したスイスチャード。茎が赤、黄、白といろいろで、レインボーチャードと呼ばれている葉野菜。これに、クルデテと、エルサレム・アーティーチョーク(サンチョーク)をスライスしてオリーブオイル+ガーリック+ドライハーブのミックス(エルブド・プロバンス)で和えてオーブン焼きしたものと、グリーンサラダ。

クルデテって呼ぶと料理したみたいな錯覚に陥りますが、要するに生野菜のスティックです。にんじん、セロリ、グリーンペッパー(パプリカ)、前述レインボーチャードの茎部分なり。

アメリカ料理では、ロブスターは、茹でたり、蒸したり、半分に開いてオーブン焼きにしたり、グリルしたり、調理法はいろいろだけど、味つけというか、食べ方は同じ。レモンと、溶かしバターを添える。ロブスターの右肘にあるステンレスのカップがそれ。

おいしいんだけど、、、いくらレモン果汁もふってさわやかな気分になっても、溶かしバターにロブスターの身をどぼんと漬けて食べるのは、相当こってりです。なので、カニすき風で、カボスの果汁と醤油のタレも用意。私はほとんどこのタレばっかりで食べたけど、ダンナリンの方は、「こういうのもあるよ」と勧めても1回つけただけで、あとは溶かしバター一本槍だった。

一般的には、溶かしバターに先っぽをちょっとディップするだけとかなのかもしれないけど、ダンナリン流は「どぼん」だった。レモンも途中思い出して、お愛想程度にちょっとだけしぼってはいたけど。同じもの食べても、ここで大きなカロリー差が。

ま、普段揚げ物も禁止してるし、たまにはいっか。今日から料理も質素になるし!(笑)

14件のコメント

  1. こんにちは^~。
    豪華ですね~~。
    ロブスター!!
    素敵です。
    いいですね~。
    ワイン、、、にあいそう、、、。

  2. ロブスター素敵。
    でもわかります。
    前に食べたとき溶かしバターしか出てこなくて、
    最後の方は本当にポン酢が欲しかった..
    ポン酢は日本の大発明ですよ。

  3. はじめまして。
    サンフランシスコ在住のミントと申します。
    偶然たどり着きまして、、(笑)
    楽しい為になるブログありがとうございます。
    これからも、のぞかせてくださいね。
    ロブスター、、自分ちで使用した事がありません。
    豪華でおいしそうですね。
    ほんと、ワインに合いそうです。
    カリフォルニアワインなんぞ、いかがでしょうか?

  4. 下敷きの野菜は別として、ロブスターを買う、茹でる!それくらいなら私もできそ~よっ!サンキュー!

  5. ロブスター、きれいな色ですね
    よっちゃんも近所のスーパーマーケットでお買い物するのですか?

  6. ロブスター。美味しそう!
    スウィスチャードって、日本でも最近出回ってるけれど、味の落とし込みがこれでいいのかなって毎回思ってしまう(笑)
    苦いというのか、鉄っぽい味というか…。

  7. 明けましておめでとうございます。
    今年もよっちゃんのためになる&楽しいブログ楽しみにしています。
    よろしくお願いしまーす!
    ロブスター丸々ですか!
    豪華ですね~☆
    ロブスターって外食でしか食べたことがないです。
    ウチで調理するにはかなり大きな鍋が要りそうですね・・・
    澄んだ溶かしバターにどぼん!私も好きです^^ゞ

  8. ★cooさんへ
    外食時、レモンまではなんとかなるんですけどね、醤油がないんですよね~~。こだわると、やっぱレモンじゃなくて、カボスとか柚子とか酢橘がたまりません。
    日本の調味料は素晴らしい!

  9. ★ミントさんへ
    サンフランシスコからようこそいらっしゃしまし~!これからもよろしく♪
    活ロブスターを料理するっていうのは、すごい勇気がいりますが、ほんと、簡単で豪華で時間かからないから年に一回くらい食べます。
    カリフォルニアワイン、現地だと安く買えてうらやましい。ニューヨークにも地元産ワインありますけど、手頃でおいしいのがなかなかないので。国産とはいえ、西海岸は遠いですー。

  10. ★かおるさんへ
    黒っぽい赤が食べ頃には鮮やかな赤になるんですよね。食べられるためにあるような化学現象ですね、、、
    うちは週一の宅配オーガニック野菜&果物便と、できる限り生協での買い物をメインにしていますが(生協メンバーになってから、ホールフードマーケットとかに行く頻度が激減しました。生協の方が近いし、野菜類が充実していてグルメ食品も手に入るので)、生鮮食品はそう買いだめもできないので、足りない物は近所で買います。
    近所のグロッサリーストアもスーパーも、新装増築開店して以来、健康志向が高くなり、オーガニックのものが増えてきました。魚屋さんも人が常駐しているし、天然か養殖かの区別がある(これは法律で明記が義務づけられたんだと思います)ので、利用するようになりました。
    肉類に関しては基準を厳しくしているので、グリーンマーケットか生協でしか買えるものがみつからないので買いませんが、野菜は残留農薬の少ないもの優先でオーガニックじゃない野菜や果物も買っています。
    働く主婦はたいへんですが、仕事の息抜きにもなるので、買い物、実は好きです♪

  11. ★要一郎さんへ
    へえ~!日本にもスイスチャードありますかー。
    そうなんですよね。まさにそういう味。苦くて鉄っぽくてちょっと酸っぱい独特の味。セロリとほうれん草とケールを一緒にしてちょっとレモンふったみたいな。鉄の鍋で調理すると黒くなります。
    特に好きってこともないですが、こういうものだろうと疑問も持たず、いろいろある葉野菜としてローテーションに組み込んでます(笑)

  12. ★ちばさんへ
    ロブスターって、全体の5割は頭だし、爪以外の足は小さいから、よーく考えると、見かけ倒しなところもあるんですけどね^^;
    ロブスターテイル=尻尾の方だけも売ってたんですが、そっちは冷凍で、値段聞いたらそんなに変わらないので、丸ごとを買いました。半分に割ることも考えたんですが、爪の大きさが違うから、そしたら、私が小さい方を食べることになって悔しいので、2匹はりこみました(笑)
    茹でようと思うと相当大きな寸胴がいりますが、少量の水(+酒)で蒸す方式だと、入りさえすればなんとかなりますV

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です