■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

・朝ごはん〜ブランチ

豆と野菜たっぷり具沢山オムレツ・ブランチと手作りパン

オムレツブランチ
6月 8日 2009年
週末ブランチは、お豆とか野菜とかいっぱい入ったオムレツと、グリーンリーフ・レタスに間引きした赤紫蘇、青紫蘇入りのサラダ。ドレッシングは、エクストラバージン・オリーブオイルと米酢であっさり。

オムレツの具は、冷凍のミックスベジタブル、セロリを炒めて、市販の缶詰のリフライドビーンズ(ブラックビーンズ、玉ネギ、ニンジン、トマトなんかを炒めて煮こんだもの)にうちで発芽させたレンズ豆を加えたもの。よっちゃん自身は加工品をなるべく使わない主義でがんばってるんですが!ダンナリンおいてけぼり里帰りの間、少しでもダンナリンが料理するかと思って買い置きしたのが残ってたので。(つまり、ダンナリンは料理しなかったことになるのかな。缶詰あっためるだけなのにぃー。冷凍ピザは速攻で食べたっていうてたけど)

フレンチトーストとブルーベリー
そしてじゃじゃん♪久々おうちで焼いたパン。全粒粉6:無漂白小麦粉4の比率の生地の表面に胡麻とひまわりの種をまぶして、ニンニクをあちこちに埋め込んで焼いたブール。を、薄切りにしてエクストラバージン・オリーブオイル塗ってガーリックトーストにしたもの。

熱殺菌してない牛乳でできたチーズ二種。ブルーチーズ(奥)と、手前は名前なんだったっけ、、、よく買うんだけど、これ。フランス産の生チーズです。ハードチーズっぽいけど、なめらかでボロボロしなくておいしい。これにブルーベリーを添えた。チーズとフルーツの組み合わせ、大好き♪ベリー類、旬で値段が下がってきてうれしい^^

パン研究中で、ちょっとコツがわかったというか、なかなかおいしく焼けてがんばる気がむくむく沸いてきたんだけど、これからだんだん暑くなってくのよねぇー(笑)ちとタイミング悪いけど、今週は雨が多くて若干涼しめだからまた焼いてみようかなー。おうち自家製パン、長年の課題だから、今年はなんとしてでも克服したいです♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

twitter@nyslowlife


この記事を  はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us に登録 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加

この記事へのコメント
1. okiyo   2009年06月09日 13:58
おいしそうですね、私も最近夜に仕込んで朝焼きたてのパンを食べて幸せを感じています。よろしかったらレシピを教えてください♪

それから別件ですが、グリルパンでお薦めのものがあれば教えてください。
アルミ製でセラミックコーティングのにしようか迷っていますが鉄の方がよいでしょうか?ご意見伺えたら嬉しいです。

http://stylestore.allabout.co.jp/mojo/ProductInfo/sku/EJ088-00-0000-A296/
2. pd   2009年06月10日 00:23
オムレツもおいしそうだけど、なんといってもパンがおいしそうですね。
ひまわりの種のガツガツ感がいいなぁ。

チーズは、コンテみたいな感じですか?
私は、カビカビのブルーチーズが大好きなんですヨ。
家族は「臭い〜」と言って嫌がるので
もっぱら、ひとりのときのランチに。

お店では、よく、
チーズってドライフルーツと組み合わせて出されてきますよね。
枝つきの干しブドウとか、いちじくとか。
ブルーべりー、日本でももう少し安くなってほしいです。
3. いくりん   2009年06月10日 20:35
豆入りオムレツおいしそ〜!
パンも焼いたんですね?!
うーん、食べたくなった^^
4. よっちゃん@スローライフ   2009年06月11日 05:41
★okiyoさんへ
おおお。憧れの朝焼きたてパンライフ!!!!!レシピは次に成功したら書きますね。今、自家製酵母育ててて、そこから種おこしを試みたんですが、どうも育ちが悪くて、またやり直しになりそうTT

セラミック自体は安全な素材とされていますが、ノンスティックセラミックコーティング(塗装)ということは、加工をしているわけで、その工程で使われるセラミック以外のものが何かわからないと何とも言えません。リンク先のページの商品には、メーカー名が載っていませんし、飛田和緒厳選道具で検索しても出てこないので、詳細がわかりません。

この特定商品のことじゃなく、「セラミックコーティング」自体を調べても、売る側が宣伝する商品としての利点と、使った人の感想くらいしかでてきませんでした。化学に詳しいわけじゃないので、薬品名や工程がわかったところで、理解できないと思うんですけど^^;

といいつつ、多分、誰もこういう新技術を使ったものが安全かどうかは、今の時点ではわかってないというのが本当のところじゃないでしょうか。

ナノテク(セラミックコーティング調べてると、ナノセラというのがでてきました)の健康へのリスクについては、既に警鐘をならしている機関、お医者さんがいますが、長期間にわたる健康への影響を証明するには、当然長い時間がかかるんですよね。
5. よっちゃん@スローライフ   2009年06月11日 05:42
(つづき)
関係ないかもしれないんですが、私の中ではこういう問題は、添加物や農薬や化学肥料や環境ホルモン、薬品公害といった問題と同じカテゴリで理解されています。

最近やたら問題になってるプラスティックから漏れるBPAも、一応最終プロダクトは高温で熱しない限り安全とされていますが、製造工程で環境汚染や働いている人の健康の問題から2015年までに排出禁止になったフッ素加工(テフロン)ノンスティック加工も、商品が出てきた時点では、その害は知られていませんでした。

マーガリンやショートニングのトランスファットが体に悪いとわかったのも、さんざん使われた後だし、日本では今でも売られています。加工品とか、使いまくりです。ヨーロッパに遅れをとりつつ禁止になったアメリカでは、トランスファットゼロのマーガリンとかショートニングが今度は出てきました。さすが一歩進んでますね--;

まとめると、ノンスティック・セラミックコーティングのグリルパン、テフロンより格段においしく焼けそうですけど、安全性については情報がなくて私にはわかりません。

うちでは片面平らで、片面グリルになってる鋳鉄 cast iron のものを使っています。コンロ2つに渡して使うただの鉄板で、ダッチオーブンで知られるLodge社のです。めちゃくちゃ重いので買ってからしばらくほとんど使ってなかったんですが、パンケーキをこれで焼くとすごくおいしいことに気づいて以来、お気に入りです^^全然ひっつきませんよ。(ノンスティックもの自体、長いこと使ってないので比較のポイントが違うかもしれませんが)それに、重くて筋トレになっていいです〜(笑)不便も考えようかなって思います。

あと、おまけ豆知識。お肉は高温で熱すると発癌物質ができますが、オリーブオイルとローズマリーとかハーブでマリネしてから焼くといいそうです。味もいいのでどうぞ。
6. よっちゃん@スローライフ   2009年06月11日 05:51
★pdさんへ
パンが褒められてうれしいなぁ〜っと♪

チーズ、ずばりコンテかも。あ、でもちょっと名前が違った気もする。今度買った時、確認します。

ブルーチーズを1人で食べる光景、昔の私の納豆1人食いと同じです!ダンナリンが食べられなかったから。今は克服したので2人用食卓メニューに昇格したんですけど。

房のまま干されたブドウ、絵になってステキですよね♪
7. よっちゃん@スローライフ   2009年06月11日 05:56
★いくりんさんへ
パン、まだまだ慣れないので、私にとっては特別大イベントで、「自分で焼いた」満足感が大きいです。さらっとふつーにてきとーにできるようになりたいものです♪

(でも、これから夏がくるんですよね〜。。。)
8. okiyo   2009年06月11日 14:30
よっちゃんさん♪
とても貴重なご意見をありがとうございます。大変感謝しています。
なかなか鍋選びも大変ですよね。一生ものとして使いたいと思うと、値段との交渉もあるので・・・笑。
ロッジのグリルパンはなかなか入手困難みたいなので南部鉄器にしてみようかと思います。素材としては鋳鉄なので同じですよね?!
お値段もお手頃でした。

私もレーズンと酢橘の2種類の天然酵母を自宅で育ててみたのですが、なかなかうまくいかず、途中でカビが生えてしまい・・・悲しかったです。
今は国家試験に追われているので、秋にひと段落したらまた挑戦したいなと思います★
9. okiyo   2009年06月11日 15:11
最近、主人のためのお弁当作りのBlogを作りはじめ、その中に作ったパンも載せています。。。
こちらは残念ながらイースト菌(フランス製)ですが、それでも手作りで焼きたては美味しいですね。

よっちゃんさんのお料理とは月とすっぽんですが。

http://okiyo1978.jugem.jp/?cid=1
この記事にコメントする
名前:
URL:
情報を記憶:



↑スローライフ HOME
<< ハナミズキの花の秘密 NYおてがる週末アウトドア・トリップ(カヌー編) >>