■プロフィール
運営者:よっちゃん
'94年元旦ニューヨーク着。スローライフ研究家&ライター。2007年10月に結婚したとブルックリンで2人暮らし。
プロフィール、お問い合せなど詳細

受賞、登録サイトは→コチラ

■メニュー
■月別バックナンバー
■ブログ内検索
Amazonライブリンク

エッセイ

ヘルシーライフ・エッセイ

デトックス白湯習慣〜vol. 9〜

009_sayu.jpg

みなさん、おうちでは日々なにをお飲みですか?私は、朝はコーヒー、お昼はカモミールやミントやルイボスやハイビスカスなどのハーブティー、夜はワインなどアルコールと水、その合間には紅茶、緑茶、そしてゴボウ茶、ターメリックティー、肝臓にいいとされるミルクティッスルとか、ちょっとクセのあるお茶とか。 ブログ引っ越し先にて「白湯でデトックス習慣〜アーユルベーダ式白湯の作り方」の続きを読む


ヘルシーライフ・エッセイ

Vol.6★おひさまで入れるミント・ジンジャー・ティー

おひさまで入れるミント・ジンジャー・ティー

時々ちょっと暑い日があったものの、こんなに涼しくていいの?なんかあとですごいしっぺ返しがあるんじゃないの?とビクビクしているうちに本当にこのまま夏が終わろうとしている今日この頃。ちょっとはまっているドリンク、それがおひさまで淹れるハーブティー。

暑いとね、もっとこのドリンクのありがたみが湧くわけだけど、まぁ、一応夏なので、お湯湧かす手間なしで作れる簡単なリフレッシュメントというのはうれしいのです。 ブログ引っ越し先にて「おひさまで入れるミント・ジンジャー・ティー」の続きを読む

ヘルシーライフ・エッセイ

Vol.4★一番簡単なスプラウト、レンズ豆

発芽レンズ豆の作り方
前号で、発芽玄米の作り方を紹介しましたが、今回は、もっっと簡単に芽が出るものを紹介します。それはレンズ豆。アメリカだと、グリーン・レンティルあるいは、ただ「レンティル」と、黒っぽくてやや厚みのあるフレンチ・レンティルとして売られている豆です。茹でたものがカレーやサラダ、スープの具材になっていて、発芽させたものも出回っている、あの豆です。 ブログ引っ越し先にて「スプラウトは、一番簡単なレンズ豆でやってみる!<vol.4>」の続きを読む

ヘルシーライフ・エッセイ

Vol.3★発芽玄米の作り方

発芽玄米の作り方

穀類、豆類、ナッツ類と食べる側の都合で呼び名は違うけど、米は稲の、豆はなんとか豆の、ナッツもなんとかナッツの種。うちでは、なるべく発芽させてからこれらのものは頂いています。なぜなら、発芽が酵素を活性化して様々な微量栄養素を何十倍もに増やし、消化吸収もしやすくなるから。煮炊きの時短にもなるし、玄米だけだと苦手な人も、白米に混ぜ、水加減を多めにすれば普通の炊飯器やお鍋て炊けるので、いいとこだらけ。 ブログ引っ越し先にて続きを読む

ヘルシーライフ・エッセイ

Vol.2★発酵食パワーいっぱい!手作りベジークラウト

ベジクラウトの作り方

ホットドッグやドイツ料理、ポーランド料理に は欠かせないザワークラウト。日本語だと酢キャベツなんて言われているザワークラウトですが、本物はお酢は使わないで、キャベツを塩揉みして 発酵させたもの。簡単にできるので、我が家では手作りして常備食となっています。 ブログ引っ越し先にて続きを読む

ヘルシーライフ・エッセイ

Vol.1★野菜を美味しく使い切る!自家製スープストック

野菜出汁スープストックの作り方

無農薬やオーガニックの野菜が気持ちいいのは、安心して、皮からなにから、全部丸ごと食べられて無駄がないこと。

ニンジンの皮、玉ねぎの茶色い薄皮、三分の一くらいが茶色い玉ねぎの中身、ニンニクの皮、小さ過ぎて剥くのが面倒くさいニンニク片、セロリの根元、乾いて水分がなくなってる生姜の端っこ、椎茸やマッシュルームの軸、パセリの堅すぎる茎、なんでもスープの材料として使うような野菜の部分なら少量でも捨てない。冷凍庫に保存してたまったところで、大鍋に入れてとろ火で出汁を煮出してスープストックを作っています。 ブログ引っ越し先にて続きを読む

ヘルシーライフ・エッセイ

【イラスト・エッセイ】ニューヨーク・スローライフ@NY農場

6月から、NY農場 (nynojo.com) のメルマガで、『ニューヨーク・スローライフ@NY農場』として、イラスト・エッセイの連載が始まりました。ブログ引っ越し先にて続きを読む

その他いろいろ

お料理について熱く語る、お料理バトンだー!

6月 24日 2010年
ご近所さんでもあるお友だちのすごいシェフ、タマちゃんから『お料理バトン』なるものいただきました。内容は、
  1. お料理を始めたのはいつ?
  2. お料理を始めたきっかけは?
  3. お料理をしていて良かったことは?
  4. お料理していて悪かったことは?
  5. 自分の腕を思う存分褒めてください。
  6. 自分は料理に向いていると思う?
  7. 主に何を作ってる?
  8. あなたの料理に欠かせないものは?
  9. ずばり、あなたにとって料理とは?
  10. 次に回すお料理上手さんをどうぞ!
「お料理上手さん」だで!いやぁ、、、ニューヨークの高級一流有名イタリアン・レストラン、 Del Post で働くプロの料理人さまからバトンを受け取ってしまって、、、光栄この上ないんだけど、よっちゃんで、すみません・・・って気も(笑)でも語り好きよっちゃん、はりきって書かせていただきます♪(ってさー、週末に書くとか言ってたのに、もう木曜なんだけどー。ごめんよう〜^^;)
≪スローライフ≫>>続き

・その他の書籍、映画、音楽

遠藤周作エッセイ選集『かなり、うまく、生きた』

3月 31日 2007年
かなり、うまく、生きた

久々に日本語の本を読んでいるところ。去年、里帰りしてた時にいろいろ買った中の一冊、故遠藤周作氏のエッセイを集めた文庫本、『かなり、うまく、生きた』。
≪スローライフ≫>>続き



↑スローライフ(abc249) HOME