魚介類

あんきも、紅葉ゆずとんからしレモン醤油タレ

投稿日:2006-12-06 更新日:

スローライフ・ブログの料理・レシピ:魚介カテゴリの「おーまいが!ブルーフィッシュいただきました!」~「まぐろづけ丼、生じゃがサラダ、ズッキーニと大根のグリルゆずとんからし味噌添え」に続きまして、またまた大家さんからたいそうないただきものを。なんと、あんこうの肝。あんきもですよ、あんきも!


(あ、カテゴリー名を変えて、今、少しずつ整理しなおしているところなので、魚介ってところにチキンとか入ってたりします・・・^^; 現時点で720記事もあるので、カテゴリ変更したことで違う分類に属してしまったもの探して再設定するの、すごいたいへんなのー。しばらく、というか、当分変なままですがご容赦ください。)

外では食べたことあるけど、あんきもを自分で料理したのは初めて。わからないので教えてもらったけど、ネットでも調べて、プラス自分がやりやすいようにアレンジして挑戦。

薄皮をとって洗って、塩をふってしばらくおいて、水に濡らして絞ったチーズクロス(日本手ぬぐいよりは目が粗い木綿のガーゼ。漉したり、ブーケガルニをくるんだりとかによく使う。)と巻き簀を使って巻いて蒸すつもりだったんだけど、コランダーが内鍋になってる2層式パスタ鍋に、巻き簀が入らな~い!(笑)

うちには大きなせいろとかないので、蒸し料理にはパスタ鍋をいつも使うのよね。入らないんじゃー仕方ないので、ここはあっさり巻き簀をはずすことに決定。ていうか、ノーチョイス(笑)もう一回念入りにチーズクロスで巻き、巻き終わりを下にして置いて蒸すこと30分。

チーズクロスで巻いたまま流水で荒熱を取って、本当はもうちょっと冷やした方がよかったけど、打ち合わせにでかけないといけなかったので、軽く水を切って、そのまま蓋付きガラス容器に入れて冷蔵庫へ。

晩ごはんを作る際、おそるおそるチーズクロスから取り出してみたら、なんと、本物のあんきもみたいになってるじゃないですか!すごーい!いえーい♪

あんきもというと紅葉おろしやポン酢ですが、大根もポン酢もない上、米酢も使い切ったところだったので、ニンジンジュースの絞りかすをふりかけておいて、レモン、お醤油とゆずとんからし
で作ったタレをかけて食べた。

きゃーっ!めちゃうまーっ!・・・ほんま、シーフード界のフォアグラやなぁ。(しみじみすると大阪弁になるよっちゃん)

「モンクフィッシュ・リバー(あんきも)を今日は食べるんだね・・・」とこわごわだったダーリンも、食べた後は、「I love monkfish liver!」と。

こんな新鮮なあんきもは、市井の魚屋さんでは手に入りません。っていうか、あんきも自体、なかなか売ってないもんね。ニューヨーク近郊の生産者直営ファーマーズマーケット(ユニオンスクエアに立つ市が最大規模で有名だけど、あちこちにあって、ブルックリンでは一番大きいのはグランドアーミープラザ、プロスペクトパーク北に立つ)で、朝一番に仕入れて来られたそうです。有名レストランのシェフもファーマーズ・マーケットには仕入れに行くんだよ。だから競争なんだって(笑)貴重な戦利品、どうもありがとうございました♪

広告afb

丸山酵素 健康

-魚介類

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.