スープ、汁物 野菜、キノコ、海草

きんぴらごぼう@アジアン風味創作和食おうちランチ

投稿日:2007-07-14 更新日:

おうちでごはん - livedoor Blog 共通テーマ

きんぴらゴボウ・ランチ

味醂がきれたままなので、和食らしい和食をしばらく作ってなくて、これも純和食ではないんだけど、、、最近では一番和食っぽいランチ。きんぴらごぼう、味醂の代わりにアガベを使って作ったら、なかなか美味しくできました。


よっちゃん料理に再三登場している
アガベは、テキーラの原料になっているサボテンの蜜なので植物性。蜂蜜を避けてるヴィーガンの人もオッケーだし、血糖値があがりにくいので糖尿病、ダイエットにもいいと言われています。しかもシロップ系ナチュラル甘味料としては味に癖がなく、また麦飴とか米飴のように粘度が高くなく、蜂蜜よりもまださらっとしてるので溶けやすいし、使った量よりスプーンにくっついてる量の方が多くてもったいないってことがなく、非常に料理に使いやすい。いろんな意味でお薦めです。

で、きんぴらごぼうの材料は、ゴボウ、ニンジン、アラメ、お醤油、アガベ、ごま油、じゃこでとった出汁。

作り方は簡単。

  1. ニンジンは千切りに、アラメは水で戻し、ゴボウをささがきにしつつ、酢水にさらす。
  2. 鍋を熱し、ごま油をしき、水を切ったゴボウを炒める。
  3. ニンジンを加えてさらにささっと炒め、アラメを加えてまたささっと。
  4. 出汁をゴボウとニンジンのかさの半分くらいまで入れ、フタをして蒸し焼きに。
  5. ゴボウがしゃきしゃきだけど柔らかくなったところで醤油+アガベを加え、味をからめてできあがり。

砂糖と醤油をからめるだけのきんぴらのように濃い口甘辛じゃないきんぴら。ごぼう、にんじん、あらめがしっかり食べられます。日本酒があれば、出汁の代わりに使うもよし。

汁椀の中身は、タイ風冷や味噌汁。うちの近所にオープンしたタイ料理屋のココナッツ・エスニック気分だけをクリエイティブに反映してみました。(要するに適当ってこと?)

普通にお味噌汁を作るのを、出汁を半分、残り半分はココナッツミルクを使い、ライム果汁をいっぱい絞り入れる。中身はジャガイモとネギ。冷やしてから、食べる前にコリアンダーの葉っぱとキムチを入れてできあがり。

熱いままでもおいしいです。これは残り物ランチなので冷や味噌汁だったりする(笑)

いやぁ。やっぱ和食、、、のようなものってほっとするね♪

アドセンス336px

アドセンス336px

アドセンス:336px

-スープ、汁物, 野菜、キノコ、海草

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.