スローライフ

アライグマ発見!

投稿日:2006-05-18 更新日:

アライグマ

昨日の夕方、ダーリンと一緒に近所にあるブルックリン最大の公園、プロスペクトパークに行って、軽くストレッチした後、散歩してきた。そしてこんなの見たの!!!なんと、アライグマちゃん!!!!


ニューヨークって、この公園やセントラルパークや、大きな公園や墓地があって、大きな木がいっぱい茂って、ちょっとした森みたいになってる所には、いろんな小動物がいるとは聞いてたけど、アライグマは初めて見た。昔、クイーンズに住む友だちが裏庭でアライグマを餌付けしてたのを見に行ったことがあるけど、こうやって偶然出くわすと、探検して発見したみたいで嬉しい。(発見者、私!)

プロスペクトパークには、人が通っていいところと、自然の森に近づけるために柵で囲って進入禁止になってるところがある。ラクーンがいたのは道のそばで、入れるようにはなってたけど、一応柵で囲われていたところ。

最初、木の上でもぞ、、、もぞ、、、と動く物体が見えたので、何かと思ったらかわいいアライグマちゃんではないの。超感動!ダーリンと2人で見守っていると、木の上から慎重に降りてくるところだった。

すごいゆっくり。下まで降りたら固まって私たちの方をじーーーーーーーーーーーっと見て、それから90度向きを変えて森の奥へとのそのそ去っていった。動物って、もっとあせって逃げない?ダーリンは、アライグマとはそういうものだって言ってたけど、本当?

とすると、木を降りてる途中で私たちには気付いてて、気持ちとしてはすごいあせって降りてたけど体がついてこんって状態だったのかなぁ。で、背中向けてのそのそ去っていった時も、本人は走ってるつもりだったんだろうか。そう思うと可笑しい。

小さかったし、子供のアライグマみたいだった。で、逃げなきゃなーと思いつつ、好奇心もあったから私たちをじろじろ観察してたのかも。ちなみにアライグマは英語で racoon ラクーンと言います。昨日はシマリス=chipmunk チップマンクも見たし、充実した散策だった。でも、こんな日に限ってカメラ持ってないのよね。ポケットに家の鍵だけ入れて出掛けたから。

でも、どうしてもブログで報告したかったので、その時の模様をフォトショップ+マウスでイラスト描いてみました。(じーっと私たちを見てた時の図)よっちゃん画伯お初作品(笑)こういことをすると、ペンタブレットが欲しくなるなぁ。。。

広告afb

丸山酵素 健康

-スローライフ

Copyright© ニューヨーク・スローライフ , 2018 All Rights Reserved.